こんにちは、あっきーです。

短い夢を重ねて永遠にして逝く花の~

「ヴァルヴレイヴ、勝てていますか?」

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

ヴァルヴレイヴの潜伏狙い

-----sponsored link-----

稼働内容に入る前に、一言言わせて頂きますね。

「ヴァルヴレイヴを13回転/1kにしているホール!!」

「思ってるより客側のストレスがでかいぞ!!」

ホールさんに食わせて頂いている身なので、偉そうなことは言えませんが、1kで13回転~15回転の破壊力はえぐいです。
しかも、ただでさえ確実に減っていく電サポ・・もうちょっとスルー周りを甘めにしてくれてもいいんじゃないですか?

最初は20回転以上回っていた時期もあったんですけどね、さすがにもう15回転くらいしか回らないホールだらけです。
潜伏台の運命なので仕方ないんですけどね。

ちなみに私の収支は、20台ほど打ってマイナス5000発ほどです。
革命RUSHに入ったのは2回かな笑

天羅も未だマイナスですが、今までで一番やれてない潜伏機でしょう。
ちなみに打ちだしはほとんどリミット10or9個です。

収支を確認してみると、最後に革命RUSHに入ったのは4月の初旬でした(プラスは極僅か)
引き戻し童貞の私は、完全に苦手台として認識していました。

釘も渋くなって稼働もなくなったので、もう打つ機会はないかな・・
つまり、マイナス収支への反逆はないと思っていました。

そんな中、私にもラストチャンスが訪れました。

リミット推定10個、44回転。

反撃の狼煙は7揃い

打ち始めて74回転。

ヴァルヴレイヴの当たりを引き続けて恐らく50回くらい。

初めての7揃い!!

これは・・なんだ?笑
今までこんなことなかったので分かりませんが、もしかして、電サポ次回・・?

そう思っていると・・

カミツキ発動!!

およそ2か月ぶりに革命RUSHに突入しました。。
長かった。実に長い時を経て革命をおこす事に成功しました。

もちろんこの画面は初めて見ました笑

引き戻し童貞卒業

ラウンド中にVコンを1回引いて、ボタンを7回押します。
確変ならば”超革命RUSH”という風に表記されますね。裏ボタンというか裏コマンドです。

そして、リミット残り3回で”超”の表記なし。
つまりは通常を引いてしまったという事です。

「カクヘンヤメマスカ?」

「NO」

ということで、引き戻し童貞を無事卒業できました!!
長かった下振れの日々を思うと、感動さえしました。

ヴァルヴレイヴで2桁連する方法を人に聞きたいくらいでした。
しかし、それも今日までです。

11回しっかり完走してくれて・・

投資1250発
回収7300発

収支+6000発オーバー(初)

ようやくヴァルヴレイヴの収支がプラ転しました。

勝ったのはいいけど減りすぎ

相変わらず右打ちで減りすぎです。
そういえば、2発か3発の賞球ポケットにも入りづらくなったような気が。。

「たくさん減るなら増やせばいい」

ラウンド間が短いのと、以前は割と賞球ポケットに入っていたので、ラウンド間の止め打ちはしていませんでした。
しかし、賞球に入りづらくなったら話は別で、止め打ちをしてみることに。

おおよそ7~8回に一個くらい賞球ポケットに入りました。
5カウントで終わる+あの屋根での捻り打ちは私には少しハードルが高かったので、とりあえず6個ずつ打ち出して止め、6個打ち、止め、の手順をやってみる事にしました。

すると、意外とオーバー入賞しまくります!
3回に1回くらいでオーバー入賞します。

6個目の玉の到達が早かったらオーバー入賞、遅かったら次のラウンドの1カウント目に入る事が多かったので、無駄玉はほぼなかったんですよね。
遅かった場合は、打ちだしを5個にして調節したり、途中に賞球ポケットに入ったのを確認したら、一つ多めに打ち出したり~と、簡単に微調整できます。

「あれ、あっきーがそれっぽい事言ってる」

パチンコだけで食っている人からすれば、何言ってんだという感じかもしれませんが、スロットオンリーの人にとっては割と有益かと思います。

あとは、電サポ中の止め打ちに関してですね。

ヴァルヴレイヴの簡単な止め打ち方法

最初は電チューが開いたと同時に2発打ちだしていたのですが、めちゃくちゃ減りますよね。
しかも、開放から閉じるまでが早いので、慣れていないと合わせづらいと思います。

ご存知の方は多いと思いますが、台によって、電チューに玉が到達するタイミングは微妙に違います。
ですが、微調整すれば大丈夫です。

今回の場合は、単発打ちを試してみました。
電チュー入賞に関しては、ほぼ無駄玉なくいけましたが、釘の影響で電サポが枯れてしまいます。

スルーが枯れてしまうと、電チューが開かなくなるので、それでは意味がありません。
しかし、打ちだしを毎回2個にすると、タイミングを合わせるのが難しく、確実に玉減りしてしまいます。

そこで試してみたのが、1個打ちだして止めて、2個打ちだして止めて、、と1,2個ずつ交互に打ち出すやり方です。
開放から次の開放までの間が短いので、2個打ちだしのタイミングが若干難しかったですが、慣れてきたら無駄玉がかなり減りました。

もしかしたらこの台でしか通用しないかもしれませんが、目の前の台を攻略していけたら、徐々にうまくなっていくと信じています。

色々試して、結果が出るとおもしろいですね。
だからアナログが好きなのもあります。

まとめ

長くなりましたが、こんな感じです。
できるだけ”ただの稼働記事”を書くのではなく、読者さんにとって有益な情報や、小ネタや、ストーリー性をつけて書きたいと心掛けております。

言ってしまえば、ヴァルヴレイヴで革命RUSHに入って6000発勝っただけですからね笑
それに付加価値を付けて情報発信するのが、私なりのやり方だと思っています。

今更ですが、ヴァルヴレイヴの潜伏狙いに関してはこちらの記事をご覧ください。
【ヴァルヴレイヴ】潜伏確変の狙い方※朝一ランプの画像有り※

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

バナーを押して応援よろしくお願いします!

にほんブログ村