こんにちは、あっきーです!

”スロパチ依存賞”という事で、
今日はギャンブル依存症だった人のお話をしたいと思います。

あるきっかけがあり、その人を代打ちとして雇う事になったのですが・・・

Mさんとの出会い

-----sponsored link-----

その人の名前をM(めがね)さんとします。

私がまだ社会人としてバリバリ働いていた頃のお話です。

その人は私よりも年上で、ごく普通のサラリーマンでした。

私とMさんには共通の知り合いがおり、数回ほど一緒に食事をしました。
その時は、それだけでした。

その頃の私は、期待値稼働を始めてまだ3か月程度で、主に天井狙いやハネモノを打っていました。

全台系のホールを見つける

ある日、普通に天井狙いをしていると、やけにジャグラーが盛り上がっています。

あっきー「あれ?やけに出てるな・・・」

そして、閉店間際に全台のデータをとってみると、そこには驚愕の数字が・・・

マイジャグラー、平均レギュラー確率1/280

種明かしをすると、後々分かる事なのですが全台設定5でした。
ちなみにマイジャグラーは20台ほどあったので、抽選がよっぽど悪くない限り座れる状況でした。(しかも後ヅモもできるので天国)

この現場は、のちのち10人以上の軍団の食い物にされるのですが、それまでは本当に良かったですね。

AT機も全台系をするお店だったので、設定狙いの練習になると思い、通う事を決意しました。

通うとなれば、本格的にデータを取る必要があるので、毎回のイベント時のデータをとります。

サイトセブン未登録の店舗だったので、兼業の私にとってはかなりきついです。

そこで私は思ったんです。人手が足りないと。
どうしたものかと考えていました。とりあえず数少ない知り合いに声をかけましたが、話はなかなかうまくいきません

ギャンブル依存症Mさん

ある日、Mさんと食事に行って話を聞いていると、どうやらかなりのギャンブル依存症だということが分かりました。

Mさんが打つのは、主にパチンコのマックス機です。

しかも一度打ち出すと、異常なほどお金をつっこみます。

技術介入などもしていないので、もちろん負けます。

しかし、さすがはマックス機

出る時もかなり出ます。Mさんが大勝して、かなり羽振りが良い事がちょくちょくありました。

でも、さすがにその打ち方をして、どれだけ負けているのか想像したくないですね・・・

という事で直接聞いてみました。笑

月々平均でいくら負けているんですか?

5万円くらい

え、えぇ・・・

5万円って言ったら一年で60万円、5年間で300万円です。

私もスロットで勝ち始めていたとはいえ、金銭感覚はまともだったので、その異常性には気づけました。

もちろんMさんは、貯金などほぼしていません。

だけどギャンブルが大好きなMさん、これは・・・

WIN-WIN!!

という事で、ジャグラーの設定狙いを手伝ってもらったり、天井狙いを手伝ってもらったりしました。

ちなみに給料は0円です。

報酬としては、ジャグラーの時に乗り打ちをする事と、天井狙いのノウハウを教える事でした。

今思うと、天井狙いを始めて数か月程度の人間が、人様にそれを教えるとはなかなかの度胸ですね。笑

私は私で、アウトプット(教える事)を前提でインプット(天井狙いの勉強)をしたので、かなり身に付きました。

なぜ天井狙いを教えたか?

最初に、Mさんに聞いてみたんです。このままでいいのかと。

このまま時間とお金をパチンコに使って、貯金も出来ないまま年を取っていく。

それでいいんですか?

それは嫌だと答えたので、選択肢を伝えさせて頂きました。

このまま負け続けて、貯金が出来ないまま年をとっていくのか?

それとも、ギャンブル依存症を克服したいのか?

答えは知っていました。しかし、敢えて聞きました。

”脱依存症”

Mさん自身の意思で動かないと、何も変わらない事を知っていたからです。

つづく。

次回:Mさん、あっきーにウソをつく・・

のつもりだったのですが、急遽予定変更します!

次回の記事は、特大ボリュームで別の記事をお届けします!(個人的に重大発表あり)

続きはこちらからどうぞ!
ギャンブル依存症Mさんのウソ

次回予告が気になりすぎる人はポチっと!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村