こんにちは、あっきーです!

今回で5話目です。

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ
パチンコ店で目撃したサクラ軍団のお話~設定漏洩の犯人は店長!?~

サクラ、サクラ

そういえば、”サクラ”って名前の曲、非常に多いですよね。

サクラについて書いていなければ、アーティストではない!
と言わんばかりに、こぞって”サクラソング”が制作されています。

「サクラを雇っていなければパチンコ店じゃない!」
というわけでもありませんし、

「サクラ関連の記事がなければスロブログじゃない!」
というわけでもございません。

ちなみに私は、「森山直太朗さん」の”さくら”が一番好きです。

とまあ、訳の分からない導入で始まったこの記事なのですが、
いつもとは少し違う雰囲気なのは、この記事が重要だからです。

ブロガーにとって、”重要”という意味は、要するに、

「一番伝えたい内容」

だということです。
では、さっそく(?)内容に移って参ります。
いつも読んで頂いている皆様に向けて、少しでも為になる記事をお届けできたらと思います。

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

「あいつはサクラだ、サクラに違いない!」

-----sponsored link-----

前回の記事も前々回の記事も、4つ前までの記事でもお伝えしてきたとおり、

「サクラはいます」

それは、紛れもない事実だと思います。

仮にですが、100歩譲ったとして、
”サクラ軍団”が、実はサクラなどではなく、ただ単にスロットが極めて上手な人達だったとします。

それでも、日本のどこかで、設定を知っている人が、
その職業的有利性を使って、圧倒的に得していると思います。
陰でこっそりと得をして、しめしめと笑っていると思うんです。

結局、何が言いたいかというとですね、

「サクラはいます。だから何?」

という事なんです。

「じゃあこうしよう」

「あいつ、絶対サクラだよね!間違いないよね!」
と言う会話に、あまり意味はないのかな?というか、建設的ではないと思うんです。

そういう人の心理は、某掲示板にいる人のように、
「あいつサクラ」発言をする事によって、自分が負けたうっぷんを晴らしたいだけなのかもしれません。

もちろん、それはそれで否定はしません。アリです。

しかし、私は専業で、一応それで生計を立てています。
私が「あいつ、絶対サクラ」ということに、うっぷん的な意味はないんです。

という事は、私がサクラ関連の記事を制作する意味って、あまりないんですよね。笑
実は、同じような事を当時も思っていました。

当時というのは、”サクラ騒動”が起きた時に、みんなが「さくら~さくら~いま~」と奏でている時です。

もちろん、私も嫌な思いをしましたし、おかげで負けた事もあります。
”サクラ”とは、不条理で、許してはいけない存在だと思います。

「だから何」で済ませるほどではありませんが、
ずっと文句を言うだけなのはもったいないな、と思っていました。

つまり、何が言いたいかというと、

「サクラはいる。だからどうする?

という事です。
サクラはいます。じゃあ、我々はどうすればいいのでしょうか?

実際にサクラがいるホールで稼働した事がある方はお分かりだと思います。
私が出した結論は、

「サクラを逆手にとって、高設定を打ちたいw」

です。

転生の島にサクラがいました

あるイベント日に、転生の島が香ばしい事になっていました。
そうです、例の”ライター指定台イベント”です。

転生の島には、「ライター」と「サクラが2,3人」いました。

つまり、転生の島は全456以上の可能性が高いのですが、個人的に非常に面白かったのが、

「ライターよりも先にサクラが転生を確保した」

という事です。

ライターが座ったあとなら分かるのですが、なぜ本日の当たり島が分かるのでしょうね?
いくらそのお店の差枚をとっていたとしても、私には到底分かりません笑

という事で、サクラの横で転生を実践~!!!!

サクラとの上手な付き合い方

このように、サクラは、我々が知らない設定状況を知っている可能性が高いので、たまに高配分の島を教えてくれます。

つまりですね

「サクラの動きを考慮した設定狙い」

ができるという事です。笑

今回も、転生を打つ気はサラサラなかったのですが、サクラとサクライターが座っていたので、打つ事になりました。
店の差枚をとって必死に考えるよりかは、根拠がよほど強いと思います。

そして、いざ実践してみると・・・

あっきーの台で早々に”456確定”が出現~!!

天破中に、はずれで400あべしというやつですね。
しっかり見ていたので間違いありません。
ツモった事よりも、普段は害でしかない”サクラ”に一矢報いたのが嬉しかったですね。

サクラ側としては、他のお客さんがどうなるかなんて、知ったことではないでしょうけど。笑
それまで散々割を食われていたので、なおさら嬉しかったのを覚えています。

肝心のサクラの台の挙動は、初当たりが抜群に軽く、
スイカ解除も確認できこぜ6挙動。そりゃそうだ。

まあこれで、サクラが来たおかげで高設定をうつ事ができました!
このような付き合い方もあるんです。本当によかった。

結果

あっきーの台

「こぜ4」

普通に負けました。ちくしょう。

つづく。

つづきはこちらから
パチンコ店で目撃したサクラ軍団のお話~サクラの親玉を出禁にさせました~

バナーを押して応援お願いします!

にほんブログ村