こんにちは、あっきーです!

前回は、「絆ツモ100%男」のお話でした。
我ながら、ネーミングが幼稚っぽくて気に入っています。笑
まだ読んでいない方は、ぜひ先に読んで頂けると嬉しいです。

パチンコ店で目撃したサクラ軍団のお話~絆のツモ率100%男~

絆ツモ率100%男!笑
いやはや、本当に訳が分かりません。
毎回毎回119%を2人で占領しやがって・・・

幼稚なネーミングですが、本当にツモ率100%の人がいたら恐ろしいですよね。
普通だったらあり得ないです。2つしかない当たり台を、同じグループが毎回抑えていることなど。

しかし、それがまかり通ってしまうんです。

なぜなら彼らは、”サクラ”だから。

どうやって設定を把握しているのかは分かりませんが、毎回高設定に”確実に”座っている事はたしかです。
設定狙いをしている専業さんならばご理解頂けるとは思いますが、

「毎回高設定、それも”設定6”を打ち続ける事」
つまり、”ツモ率100%”は不可能に近いです。

通いなれたホールで、数か月にわたってそれを目の当たりにしてきた私は、
オアシスが荒らされる悲しさと、何もできないもどかしさを感じていました。

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

相変わらず絆ツモ100%

-----sponsored link-----

相も変わらず、サクラ軍団は毎回絆の設定6を占領しています

カチカチくんも使わずに、メモもとらずに、ユニメモも入力せずに、
傾向に当てはまらない台を打ち続けて、毎回6確定を出す様子は、まさにサクラそのものです。

「もうこのホールは終わりかな・・」

そう思っていた頃、ホールに新しい風が吹き始めます。

新イベント開始

なんと、新しい来店イベントが始まりました!
バジリスク絆が一強になっていたホールだったので、良い兆しです。

肝心の内容ですが、

「特定の機種が全456、または全6」でした。
(これは後々分かったことです)

ちなみに、”特定の機種”とは、ライターさんが座った機種のことです。
つまり、ライターさんの後を追いかければ、高配分の島にたどり着ける可能性が高いということです!
(あれ、、これも指定台ですよね・・サクラの仲間?笑)

当然ガセもありまして、本物の全6をすることは稀でした。
なので、常連さんを含め、我々はあまり期待をしていませんでした。

しかし、全6とは・・・嫌な予感が。

今回の記事では、新イベントの内容についてはここまでにしておきますが、
今後、この内容が非常に大きな意味を持ってきますので、頭の片隅にでも入れておいてください。

ライターって指定台なの?

この記事を読んでいる方の中には、気になっている人もいると思います。

「ライターは設定を知っているの?」

これに関して、スロプロとしての立場から意見させて頂くならば、

「指定台は確実にあります」

ただ、全員が全員、指定された台に座っているわけではありません。
詳しい事は分かりませんが、一部のライターの方には指定台が用意されています。

私が確信したライターの指定台は

・全台系のイベントに毎回ライターが着席
・主要機種の高設定のありかを知っている
・開店後に店員に誘導されている

この三つは経験しました。
もしも気になるのならば、開店直後にライターさんの台選びの仕方や、動き、またその結果に注視してみると、何か見えてくるかもしれません。

ただ、本気で仕事をされているライターさんの名誉のために言っておきますが、
基本的にライター来店のイベントは、普段よりも配分が高いので、指定台に見えてしまう事もあります。
高設定を打ったからと言って、何でもかんでも指定台と決めつけるのは違うと思います。

やられっぱなしじゃ気が済まない

新しいイベントが始まっても、しばらくはガセばっかりでした。
相変わらず絆の設定6はサクラ軍団が打っています。

ホールの常連さん、数少ない専業の方にとってのオアシスだったはずのホールです。
我々も、やられっぱなしじゃ気が済みません。

ここで、我々は決起します。

「サクラの正体を突き止めよう」

常連さんの中には、

・元パチプロ
・ホールの幹部と仲が良い人
・他の系列店舗にもたくさん知り合いがいる人

さまざまな人がいました。
また、数少ない専業さんの知り合いに、パチンコ店の闇に関してかなり情報通の方がいらっしゃいました。

それらの情報をつなぎ合わせると、驚くべき事実が見えてきます。
結果的に、黒幕の正体は分かりました。

かなり衝撃的な内容でした。
さすがのあっきーもドン引きです。

まだまだ長くなりますので、続きはまた次回書こうと思います。

続きはこちら
パチンコ店で目撃したサクラ軍団のお話~設定漏洩の犯人は店長!?~

この記事がいいなと思ったらバナーを押してあっきーを推してください!

にほんブログ村