こんにちは、あっきーです。

思い出すのも嫌になるくらいに、パチンコ屋のグレーというかブラックな部分を見た事があります。

そうです。

「サクラの闇」

しかも一人じゃないです、
当時通っていたお店で、かなりの人数のサクラが高設定を占領した出来事がありました。

これから綴っていく記事では、皆様に”事実”をお伝えしていきたいと思います。

「サクラなんていない」私はそう思っていました。
しかし、今の見解は違います。

「パチンコ店に”サクラ”はいます」

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

重宝していたホールがありました

-----sponsored link-----

今はほとんど使っていないホールです。
しかし、当時は店の癖も読みやすく、ライバルも少ない。
しっかりと設定6を使ってくれるお店でした。

常連さんとも非常に仲が良く、飲みに連れて行ってもらったりもしました。
故に、このお店のイベント日に代打ちさんを使う事はありませんでした。

理由としては、常連さんが普段から回してくれているおかげで、島の稼働が成り立っている事を理解していたからです。
だからこそ、我々専業が占領することにより、常連さんが高設定を打てなくなる事はあってはいけないと考えておりました。

それに、仲の良い常連さんが高設定を嬉しそうに打っていたら、こちらも割と満足します。
これは綺麗事とかではなく、ギスギスしたパチンコ業界の中でも、私にとってはオアシスのようなお店だったんです。
個人的には、一番好きなホールでした。

そんなある日、事件が起こりました

設定6全埋め事件

その日は普通のイベント日でした。
いつもの傾向の台に各々が座り、あれでもない、これでもないと、設定6のありかを探していました。

当時人気だった機種が

そうです、”バジリスク絆”です。

最初の異変

なぜでしょう?
この日はいつまでたっても設定6が見当たりません。

基本的にこのお店は、設定6を2台使います。
設置台数もそれほど多くないので、普段はお昼ごろまでには目星がついている事がほとんどです。

しかし、当たり台はいつまでたっても見当たりません。
「今日はガセったな」程度の認識だったので、私はそのホールを後にしました。

閉店チェックでの異変

夜にそのホールの結果を確かめに行くと、そこには異様な光景がありました。

とある機種が、平均で8000~9000回転もまわっているんです!!
そして、どうやら回していた人たちは知り合い同士っぽい感じ・・

すると、常連さんの一人が私を見つけてこう言います。

「あの中の1台で6確定でてたよ」

その機種というのが・・

そうです、「サラリーマン番長」です。
ちなみに今までは、サラリーマン番長の扱いは全くといっていいほど良くなかったです。

異変は他にもあります。
1台は20時くらいまで4000枚も凹んでいます。

しかし、サラ番に座っていた方々は、そんな4000枚も吸い込んだ台を全ツッパして打っていました。

更に理解ができない事実を常連さんの口から聞きます。

「アイツら、朝一から全台埋めてたよ

つづく。

Check Points

・サラ番で高設定を確認したことはないホール
・その日はいつもより絆の扱いが悪かった
・サラ番で”6確定”が出ていた
・朝からサラ番は全台埋まっていた
・サラ番を打っている人は常連ではなく初見
・マイナス4000枚でも全ツッパしていた

次回をお楽しみに!

続きはこちら
パチンコ店で目撃したサクラのお話~絆のツモ100%男~

この記事を”良い!”と思ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村