こんにちは、あっきーです。

「そろそろ佐賀を出るかあ」

サガとゴーアウェイ、サガゴァウェイ、サゴウェイ?・・セグウェイと似てるな、などと考えてます。

佐賀県にきて約1ヶ月ちょい経ちましたけど、なかなか濃かったなあ。

ということで、今日はなんとなく記事を書いてみます。

詳しくは触れてなかったけど、お試し同棲をしたり、新天地で生活したり、商売をしてみたりと、なんだかんだ全力で生きてたなあと感じています。

同時に、自分の人生においてすごく大事な時期だなあと感じています。
ここで何を考え、何を掘り下げて、どう行動していくかが、今後の人生を大きく左右する。と、大げさですがそんな気がしています。

せっかくだし、佐賀で起こったことをちょっとだけ振り返ってみますか。
私のいう”ちょっとだけ”が、皆さんと同じ文量とは限りませんけどね笑

佐賀県

お試し同棲

はい、まずはお試し同棲をしてみました。
まず最初に、俺の知ってる同棲をロールプレイしてみました。

同棲してたら飯一緒に食うよな、休みの日は出かけるよな、一緒に寝るよな・・などなど。

ああ、これが同棲かと、いい経験になりました。
分かった事と言えば、大きく二つですかね。

・部屋が二つないと厳しい
・生理中の女性は別人だと思え

これはね、ネタとかじゃないんですよ。
私の性格を考えると、一人で集中や脱力できる場所が必要だし、生理中はホルモンバランスが変化するから、適度な距離感を保つ必要がありますしね。

これは、お互いが嫌な思いをしないための取り組みのようなものです。
ちょっと話は違うけど、”ヤマアラシのジレンマ”という言葉もあります。

お互い寄り添いあいたくても、針のせいでお互いを傷つけてしまう。本当に相手を想っていれば、適度な距離感をとることも時には必要だ。といった感じですね。

これに似ているなーと考えていて、個人差はあれど、生理中の女性はネガティブになったり怒りっぽくなりやすいんですよ。
本当にお互いのことを想っているのでは、”話し合う”のではなく、”一旦離れる”が正解なんだろうなと感じました。

この事は知識として知っていたのですが、家を出るのが面倒だったからその場に居座ってしまい、結局私も失敗したんですけどね笑

まあそんな感じで、「同棲とはこういう感じなのか」という、良い経験をさせてもらいました。

焼肉

とにかく焼肉屋を探索しまくりました。

気になる店は全部行きました。
佐賀県の焼肉事情というか、面白い地域性を見つけたので一つ紹介します。

住んでいる地域は言えないんですけど、焼肉の価格と肉質について話します。

まず、ここは焼肉の価格が平均よりも高いように思えます。
というのも、”カルビ”や”ロース”、”タン塩”などの平均価格で比べてみたんですよ。

カルビでいうと、一般的なランクの焼肉屋では、平均で800円前後だと思うんですよ。
しかし、周辺の焼肉屋では、900円〜950円が相場でした。

ここに少し違和感を感じたのですが、まあ注文してみると、どこもクオリティが低いんですよ。
値段が高いのに美味しくないとはどういうことか、と思いました。しかも、比較的地価が安いにも関わらずですよ?

これは地域の過疎化により、ビルトインスタビライザー、つまりは価格の自動調整機能が働いていないのか?質が低いのに値段が高いということは、価格の最適化が為されてないぞ!などと考えていました。

しかし、色んな店舗に行って、色んなメニューを試した結果、面白いことを発見しました。

「上カルビが美味かったんです」

これがめちゃくちゃ面白くて、「はーなるほど!」などと感動したのですが、詳しく説明しましょう。

体感ですが、まずは上カルビの相場についてお話します。

例えば、カルビが800円としたら、上カルビは1300円、特上で1900円。
ちょっとランクが上がると、カルビが950円で、上カルビが1600円、特上カルビが2100円。
安いところで、質は低めだけど、カルビが550円、上カルビが900円、特上はなしなどなど。

このように、カルビと上カルビで比較した際に、だいたい500円前後、価格が離れていることが多いんですよ。しかし、私が気に入ったお店をみてみると、、

「カルビ950円、上カルビ1300円」

という価格設定になっています。
もちろん、量や質で値段を決めているのでしょうけども、カルビが明らかに高くて、上カルビが明らかに安いんですよ!!

しかも、上カルビがめちゃくちゃ美味い!!!!!!

わかりやすくいうと、

カルビ→コスパ最悪
上カルビ→コスパがかなり良い

例えば、この店の上カルビを福岡や東京で出したら、確実に1500円は余裕でとれるクオリティです。
カルビに関しては、700円がいいとこでしょう笑

この事実に非常に驚きましたね。
そこで、色んなお店で比較してみると、どうも似たような法則なんですよ。つまり上モノの方がコスパがいいと。

なぜこのような法則になっているのかはわかりませんが、この抜け道?を知って以来、上モノ以外を注文することがなくなりました。

結果的に、上質のお肉を低価格で味わえるという、最高のお店に通うことになりました。二人で5000円あれば満足できる感じです。

ほんと、驚きでしたね。
通常のカルビがクソで、上カルビが最高という、ある意味”バラつき”がとてもユニークでした。
個人的には、「客単価を上げたい」という考えと、「佐賀県では良い肉が安価で仕入れられる」という事柄が相まって、このような現象になっているのかなあと考えています。それでも珍しいことですけどね。

「佐賀県では上モノを頼め!」

お金稼ぎしてみた

本当はこれが書きたかったけど、焼肉で情熱を使い果たしました笑

最近、スロットである程度稼ぎつつ、有料noteを書いてたんですよ。
おそらく、私が今まででした中で一番”いわゆるビジネスっぽい”感じです。

これには色んな理由があって、まあ総じていうと”自分のため”ですね。
とにかくチャレンジしてみた中で、かなり多くの事が見えてきました。

例えば、”ビジネスとは何か?”ということを考えてみました。
価値を提供して対価をもらうことなんですけど、今自分がやっていることに当てはめて考えてみたわけです。

そこで思ったのが、「他人と自分って価値観が違うよな」ということを、リアルに感じました。
note自体には自信があったけど、それは自己価値観での話だから、他の人ってどう思うんだろ?という当然の疑問が浮かんできました。

それを考えていくうちに、次第に面倒くさくなって、「もう無料でいいんじゃねw」などと考えたけれども、しっかりと踏みとどまって販売するまでに至りました。あの経験は、”モノを売る事”以外では味わえなかったなと、しみじみと思いますね。

他にも、”クリエイティブとは何か?”ということを考えました。
”市場価値”を考えすぎると、クリエイティブさが薄れがちです。

クリエイティブとは、”個を生みだす”、つまり”創造”という認識でした。そんでもって、商品を売るためには、マーケットの知識は重要です。
一番良い形は、”自分が好き放題やっていたらめっちゃ売れた”が最高なんですけど、やはり売れやすいように成形することも時には重要というのが一般的な考え方です。

その度合いに戸惑いましたね。
クリエイティブとは、”媚びないこと”だとも捉えられるので、そこを見失わずに商品を売ることの難しさを感じました。

「ああ、これが一つの”お金を稼ぐ”ということなのか」と。

私がやったのは、クリエイティブなのか?と自分に問えば、そうではないと、明確に言えます。
スティーブ・ジョブズが、顧客を教育したのであれば、私は、顧客に教えてもらったとも言えます。何をもってクリエイティブなどと言えましょう?これはすごく悲しいことで、悔しくて、切ないです。

それと同時に、自己価値観がまだまだ未熟だなと感じました。
つまりは自分や自分以外をまだまだ知らない。客観的に見れていないということを知りました。

このように、現段階で自分ができない事を直視する結果になりました。
ぶっちゃけこうなる事はわかっていたのですが、最近は”失敗のようなものをすすんで経験する”という傾向にあります。またそれは、私にとっての失敗ではないとも言えます。

出来ていないことも見えたけど、出来たことも見えました。
かなりクオリティが高いnoteを作成出来たんですよ。スロット関連でこのクオリティは見た事ないレベルです。かなり労力を要したけど、やってよかったなと心から思っています。

ちなみに、noteの本格的な始動は6月28日からなので、まだ考える余地がたくさんありそうです。
設定狙いのnoteなので、興味がある方は無料部分だけでも読んでみてください。
【俺の設定狙い】全解説!初見のホールでリゼロの設定6連日ツモに至ったワケ

次はどこへ行く?

では今後について話してしめましょう。

次どうするか、まだ何にも決めていないんですよね。
気になることはいくつかあるので、ちょっと思うところはあるけど、行く場所や何するかは全く決まっていません。

佐賀県で稼働したことにより、貯金というか資金が50万円ほどになったので、少し余裕が出てきました。
近日中には佐賀県を出ることになりそうですが、まあどうとでもなるかなあといった感じです。

ここ1ヶ月は思ったよりもかなり忙しかったので、まずは頭の整理から始めようと思っています。
とにかく、元気でやっているよ、という事には間違いないです。だって、美味い焼肉が食いたいって思ってるんだから。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。