こんにちは、あっきーです!

体調も大分よくなってきたので、本日は”あの記事”を書いてみようと思います。

CRライジンマン

最近はもうこの台の虜になっていますね。
ご存知の通り(?)、私はアナログ機が一番好きなので、ライジンマンは最近で一番ワクワクできる稼働です。

具体的な狙い方等を書くのは控えさせて頂くのですが、、
どこにでも設置があるわけではないので、普段行かないお店での割と新鮮な稼働の日々を送っています。

導入は3500台でしたが、増台が決定したらしいですね。
非常に扱いづらい機種なので、店側も強気に導入しづらいとは思いますが、やはり19万発の噂で高稼働のお店も多いかと思います。

詳しい打ち方が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
【CRライジンマン】実際に打ったからこそ分かる、打ち方と注意点

今回は、景気の良い報告が多い”ライジンマン”の実践記事です!
さっそく参りましょう。

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

ライジンマン実践

-----sponsored link-----

この日はとあるお店での稼働です。
ちなみに知り合いの専業さんは一人もいません。

朝から狙うのは初めてだったので、そこそこ気合が入っていました。
勝ち負けも大事ですが、”ライジンマン”の挙動や台毎の癖などをできるだけ把握し、今後の押し引きのために経験を積む気満々でした。

肝心の抽選番号は余裕でライジンマンが取れる数字です。
専業さんもいないし、香ばしい人もいない。自分の狙っている台をとれる可能性は激高でしたが・・・

そこで事件が・・

あっきー、速攻でモメる

入場してすぐにライジンマンの島に行くと、先客がいました。
私が取りたかった場所の目の前で、何やら先客が棒立ちしています。

台を見てみると何も物は置かれていません。
「よっしゃ」と思い、狙い台をキープすると・・

「はあ!?」

声のした方を向くと、自分より早い番号を目の前に出されます。
「俺の方が早い番号だからどけよ」というようなニュアンスの言葉を言われました。

見た感じ普通のお客さんだったので、仕方なく台を譲る事にしました。

この行動は一見お人よしのように見えますが、私の悪い癖でもありますね。食い気味で来られたら「うわあ・・必死だなあ」って冷めちゃうんですよね。
お店からすると基本的に私は客ではないですが、別に悪い事をしたわけでもないし、もう少し食い下がる事を覚えてもいいのかなと、最近思います。

今まで一度も譲らなかった事がないので、それでどれほど損をしてきたことか。
そういえば以前、バジリスク2の宵越し1260Gを番号が後ろの人に取られたこともありました。

一般の人だしすぐ辞めるだろうから、隣で挙動を見ておこう。という甘い考えで、私は横の台を打ち始めました。

実践開始

とにかく通常時のゴールはV入賞させることです。
チャッカーに玉を入れ、1/5のセグを揃えて、アタッカーを開かせ、クルーンに入賞させる。そのクルーンは三段あり、一段につき3つの穴があります。
見た目上は実質1/27になるのですが、ネカセで変わるのは百も承知です。

私がいつも参考にさせて頂いているスロパチ立ち回り最適化様によると、役物確率が”1/27”だった場合、1kあたりの鳴きのボーダーは大体5回転です。

1鳴き平均1個入賞するとして、1kで1クルーンって感じですね。
ここは天龍と非常によく似ているのですが、打ってみて思った感想は、天龍とはゲーム性が色々と異なります。

天龍はクルーンに玉が7個入る事はないですからね。笑

話しは戻りますが、このアタッカーがちょっと曲者で、解放時間がかなり短いんですよね。
チャッカーが右側についているので、ストローク次第で回転率が変わりそうなポイントがたくさんあります。
しかも、一開放につき二個、稀ですが三個入賞したりもするので、これもストローク次第では・・(私はできませんでしたが笑)

ともかく、通常時はクルーンに玉を入れないと始まらないわけです。
私の台は、1kあたり8回ほど回っていましたが、回転率よりもクルーンの方が大事なのは間違いないので、とにかく当たれ!と思いながら打ちます。

最初の当たりで雷神チャンス突入!?

打ちだして66回転のことでした。
1,2段目のクルーンを突破し、そして本日最初の”V入賞”これで大当たりです。

1回の当たりで大体1900~2000発ほど出るのですが、こんなのはおまけです。
一番重要なのは、時短をGETできるかどうか、つまり”雷神チャンス”に入るかどうかです。

大当たりを消化し終えて、当否の告知があります。
ここが一番のドキドキポイントかもしれませんね。一応チャンスアップが豊富にそろえられているので、かなりドキドキできます。

ルーレットが”チャンス”に止まれば雷神チャンス、×に止まれば即終了・・そして止まったのは、

「チャンス」

打ち始めて66回転で、今機最大の見せ場、雷神チャンスに当選しました。
雷神チャンス中は、クルーンに約7個の玉が押し寄せます。チャンスは×5回!

仮に役物確率が1/27だった場合、V入賞は理論的に35/27個になるので、継続率は約73%になります。
役物確率次第で継続率が変わる」という事が、最重要ポイントです。
(仮に1,2,3段目が全て1/2だったら継続率が99%になります笑)

という感じで、サンプルを取れるチャンスです。
玉の動きもしっかりと見ておきましょう。

Vを複数の玉が狙う様は圧巻でした。

最初の雷神チャンスは2回目にV入賞させ、継続。2000発弱獲得です。
そして次は4回目でV入賞。三段目に行かない事もあるので、できれば4回目までには当てておきたいと思いながら打ちます笑

そして残念ながら次は5回連続ハズして終了。また通常時から再スタートです。
ちなみに一つ注意点なのですが、雷神チャンス中にストロークをミスると6発しか入らなかったりするのでご注意を。

最初の印象としては、二段目の突破率と玉の動きが悪いな・・といった感じです。
一、二段目はクルーンの大きさが小さいし、あまり暴れすぎると玉がブレブレになりますね。

挙動

その後も4回ほど当てて、1回は雷神チャンスに入れて4連したのですが、どうも手ごたえはありません。
少なくとも打った感じでは10万発出る調整ではないですね・・最後に300回転ハマってやめ。

という事で、半日ほど打ったのですがヤメる事にしました。その時のデータを載せます。

ライジンマン実践データ

1kあたりの回転数:8.6回転
初当たり5/600(雷神チャンス2回(3連、4連)

【通常時】

一段目→56/172(32.5%)
二段目→10/56(17.8%)
三段目→5/10(50%)
役物確率→1/34.4

【雷神チャンス中】

一段目→45/146(30.8%)
二段目→12/45(26.6%)
三段目→5/12(41.6%)
役物確率→1/29.2

【TOTAL】

一段目→101/318(31.7%)
二段目→22/101(21.7%)
三段目→10/22(45.4%)
役物確率→1/31.9

こんな感じになりました。

ちなみに通常時に関しては、セグで7が揃った場合や複数入賞した際にはデータを分けて取った方がいいかもしれません(今回は割愛)
玉が複数個クルーン内に入った際、どうも動きが変わっているような気がするんですよね。
その動きのせいで、クルーン突破率が変わる可能性はありえると思います(断言はできませんが)

今回は小役カウンターが使えなかったので、なかなかデータ取りが大変でしたが、本来ならハズレ方も参考になると思います。
基本的なハズレ方としては、左下の穴へと入るのですが、上の穴をかすめて右下に入る動きも何度かありました。

特に通常時は、二段目突破率が17.8%になっているのですが、ほとんど左穴へと吸い込まれていきました。
しかし、良い台でも基本は左穴にハズれると思うので、それだけでの善し悪しの判断は難しいかと思います(何せクルーンが三つあるので・・)

三段目が非常に良い確率でしたが、動き的に上振れの可能性も・・しかし二段目が優秀(な門番)すぎて無理ゲー感がでていました。
結局は台の縦の比較と店の調整癖、役物確率と照らし合わせての押し引きになるとは思いますが、率直な感想・・

「荒い!難しい!けど面白い!」

5万発を超える台でも、途中マイナス1万発などという挙動も見ています。
天龍に比べてサンプルがとりやすいのはだいぶ大きいですが、それでもやはり難しいですね。
しかし、アナログ機はやっぱり自力感が非常に強いので、そりゃあ出れば楽しいですね。

こんな感じで手探りで色々と考えながらの稼働でした。
疲れましたけど、新鮮な気持ちで稼働できて、久しぶりに楽しかったです。

朝一モメた台で”一撃10万発”出た事以外は。

「あっきーはプラス14K」(ちなみにこの後2万発出ていました笑)

バナーを押して応援よろしくお願いします!

にほんブログ村