みなさんこんにちは!スロパチ依存賞の管理人、あっきーです。

皆さんの大事な時間を使って来ていただき、本当にありがとうございます。

少し、前回までの流れをおさらいしておきましょう。

依存症脱却のための、第二プロセスまでいきましたね。

第一に「認知。気付く事」
自分が依存症だと気づく事でしたね。
非常に大事なスタートラインだと思います。

第二に「受け入れる事」
自分が依存症だと受け入れる事が大事、ということでした。

今回は、借金はしていないけど依存してしまっている人や、
スロパチ専業の人にも当てはまる部分があるかと思います。

-----sponsored link-----

「依存症と向き合う」

ではいきます。第三のプロセス。

「依存症と向き合う」

こちらについて話したいと思います。

では具体的にどういう事かというと、

「なぜ自分はパチンコ屋に通ってしまうのか?」

ここを明らかにする、ということです。
この理由は、人それぞれあると思います。

例えば、

「楽してお金が欲しいから」
「純粋にパチンコ、スロットが好きだから」
「ほかに趣味もないし暇だから」
「何も考えない時間が欲しいから」
「コーヒーレディのお姉ちゃんが可愛いから」
「ずっとパチプロのままはダメだと思うけど、他に稼げる手段を探すのが億劫だから」

ここの理由をはっきりさせましょう。
自分がなぜパチンコ屋に通うか、について考えることが
「向き合う事」の第一段階だと思います。

意外と、はっきりと具体的に考えた事がある人は少ないと思います。

ここで、一つだけ注意点があります。

「パチンコ屋に行く理由」

絶対に「なんとなく」で片づけないよう、お願いします。

なんとなく、などという曖昧な言葉に逃げてはだめです。
今までのすべてが無駄になります。

自分が行動するほとんどの事には、何か意味があります。
つまりは、理由があるのです。

その理由を突き詰めて見つける事が、脱依存への大事なプロセスです。

さて、ここまでで条件はかなり出揃いました。

自分が依存症だと気付き、そんな自分を受け入れて、
パチンコ屋に通ってしまう理由が明らかになりました。

ここまで考えるのも大変だったと思います。

自分の弱い部分、見たくない部分が少し明らかになって、恥ずかしかったり、自分自身に怒りを感じたり、絶望した方もいるかもしれません。

ちゃんと向き合ったのなら、本当に立派だと思います。
ここで皆様に、大変残念なお知らせがあります。

「ここまで考えてもまだ、何も変わりません。」

このくらいで変われるのなら、
パチンコ業界は成り立ちません。

次回、第四回
「本当の自分を考える」


にほんブログ村