こんにちは、あっきーです!

「沖ドキと言う名の”依存症患者製造機”」

「キュインキュインキュイ~ン」

(みんな一斉に振り向く)

沖ドキの島は、異質な空間です。
その理由について考えてみたので、どうぞお付き合いください。

--sponsored link--

沖ドキにハマってしまう理由

沖ドキを打つ客層は特殊で、もちろん高齢の方々もいらっしゃいますが、いわゆる”オラオラ系”の方々が多く見受けられます。

沖ドキの島を通ると、不思議と他の島の3~5倍くらいのお客様が振り返ってこちらを見てきます。
これも一つの特徴なのではないかと推察します。

このオラオラ系の方々が、沖ドキ人気を支えている可能性は高そうですね。
では、オラオラ系の方々が多い理由について考えてみましょう。

沖ドキと言えば、”中毒性が高い”イメージです。

中毒性が高いと言えば”ジャグラー系””ハナハナ系”にも中毒性がありますよね?その理由は”一発告知のシンプルなゲーム性”が大きな原因でしょう。
個人的な考えでは、「通常時がヒマだから、オカルト的な持論を考える時間が他の機種よりも多くあり、のめり込みやすい」という原因もあると思います。

では、考えてみましょう。
なんでジャグラーやハナハナではなく、沖ドキがいいのでしょうか?

その理由として、「波が非常に荒い」という事が言えるでしょう。
波が荒いということは、出る時はめっちゃ出るし、出ない時は全く出ないということでもあります。

以前書いた”脳汁に関する記事”を読んで頂ければ分かりますが、「緊張状態からの解放」によって、”β-エンドルフィン”(脳汁)が多く分泌されます。これを沖ドキに当てはめて考えると・・

「めっちゃ投資した後にめっちゃ出た」”脳汁がたくさん出る”

つまり、沖ドキはヒリつくんですよ。大負けがあるし、大勝ちもあるので、とても刺激的なんです。
このヒリつきや刺激を求めて、人々は沖ドキを打つのではないでしょか?

では、更に掘り下げて考えていきたいと思います。

沖ドキとギャンブル依存症

--sponsored link--

沖ドキはヒリつく!刺激的!勝てる!などなど、人気の理由はたくさんあります。
先ほど、オラオラ系の人が多いと書きましたが、それを掘り下げてみると、その人が刺激的な人生を歩んできた事が分かります。

これはどういう事かと言うと、「今まで歩んできた道が刺激的だったから、他の台のようなちょっとの刺激では満足できない」ということです。

タバコのセブンスターを吸っていた人が、今更ピアニシモでは満足できないということです。
脳科学的に説明すると、「ドーパミンのレセプター(受容体)が減少しているせい」です。

レセプターが減少する事によって、どういう事が起こるのか。ドーパミンを例に出して、もう少し詳しく書きます。
仕組みとして、ドーパミンが分泌されるだけでは意味がなく、分泌された後にレセプターで受け取って初めて、ドーパミンが作用します。

通常は一定のドーパミン分泌量で満足できる。
→過剰摂取等の様々な理由からレセプター(受容体)が減少する。
→受容体の減少により今までの分泌量では満足できなくなる。
もっと強い刺激(更なるドーパミン分泌)を求めるようになる。

少量のお酒では酔えなくなるのも、薬物の摂取量を増やしてしまうのも同じ理由です。
つまり、レセプター(受容体)の減少は、依存に大きく影響します。

ヒリつきたい人が沖ドキに依存しやすい

脳科学的な目線でもう一つお話をしましょう。

先ほど、レセプター(受容体)について説明しました。
”オラオラ系の人”に着目していましたが、”オラオラ系だから沖ドキに依存してしまう”というわけでは決してありません。ただ単にスポットライトを当ててみただけです。

結局、強い刺激が欲しい人こそが依存しやすいんです。
別にオラオラ系であろうが、オタク系であろうが、強い刺激を欲している人間が依存しやすいんです。

いわゆるヒリつきたい人です。

ちなみに沖ドキ依存症の人は、沖ドキを打っていない時には、人よりもドーパミン分泌量が少なくなっています。これは他の依存症でも同じです。
ドーパミン分泌量が少ないとやる気がなくなり、脳が沖ドキだけを求めるようになります。こうして日常生活に支障をきたすようになります。

沖ドキで連荘すれば、ドーパミンが減少しているところから急上昇します。
人々は、この最小値から最大値との差を”ヒリつく”と感じます。

つまり、結局はみんな「ドーパミンが欲しい」という事になりますね。
では最後に、もう一つの理由を書いていきます。

カナちゃんランプがエロい

--sponsored link--

初めて沖ドキを打った時、「これを考えた人は天才かよ・・」と思いました。
カナちゃんランプがついたら、BIGが1G連しますよね。

それだけでも興奮要素ですが、”顔の見えない女性の臀部(でんぶ)”という要素が加わるだけで、男性の想像をかきたてるわけですね。
当たり中といえば、ただでさえ興奮状態にあるのに、「興奮状態+女性の臀部=更なる興奮」という風になるわけです。

もう脳汁ドッバドバになるんです。
その直後にけたたましい音と主に”ドキドキランプ”が光ろうものなら・・

異常に興奮し、ドーパミンが多量に分泌された記憶がしっかりと刻まれるので、「また欲しい」という風になって、依存症はどんどん加速します。
スロットやパチンコではこのように、不規則にドーパミン分泌がなされるので、依存しやすいとされています。行動分析学の創設者である”バラス・スキナー”が言う「間歇強化(かんけつきょうか)」です。
(気になる方は”オペラント条件づけ”で調べてみてください)

一度ハマってしまったら、中々抜け出せない理由がなんとなく分かりますよね。。
今回の記事に書いた内容が、沖ドキ依存症になる仕組みの一つであると私は考えています。

本日の内容は以上です。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 スロットブログへ