こんにちは、あっきーです!

「ドンッ」

前回の続きです。
ドキドキモード以上確定から、ボーナス中に確定チェリーを引いて、後カナ後に中段チェリーを引いたところからです”
【沖ドキ依存症】ドキドキランプ点灯から確定チェリーと中段チェリーを引いてやりたい放題!

ちょっと面白い事があって、当ブログとリンクを結んで頂いている”さむらいさん”も中段チェリーを引いた記事を書いていたんですよ笑
専業があまり触らない沖ドキで、ほぼ同時期に中段チェリーを引き、それをほぼ同時期に記事にしていたので、運命的なものを感じました笑

さむらいさんはフリーズを一度も引いた事がないそうですが、私は今まで2,3回ほどあります。
大体2000枚前後で終わっているので、そんなに期待はしていないんですけど、90%ループはやはり魅力的です!

さてさて、さむらいさんが中段チェリーを引いて、私も中段チェリーを引きました。
フリーズ確率が50%ということは、どちらかがフリーズに繋がっていてもおかしくないわけです。

さむらいさんの沖ドキ稼働記事のリンクも貼っておきますね。
沖ドキ!天井狙い実戦記!天井ギリ手前で中段チェリー降臨!?フリーズなるか?

中段チェリーを引いた結果

--sponsored link--

まず、沖ドキで中段チェリーを引く確率は”1/32768”です。
かなり薄いところなので、恩恵が一番大きい役ですね。

引くタイミングによって恩恵は変わりますが、中段チェリーの50%でフリーズするので、引いた際には「レバーオンで固まるかどうか」に注視しましょう。

『綺麗にリールは回りだす』

のであった。つまり、残念な方の50%でした。
Twitter用のネタとして、動画を回していたのですが、どっちみち顔も写っていたしボツになりました。

とはいえ、もしもドキドキモードにまだ滞在していた場合は、中段チェリーの恩恵で”超ドキドキモード”に昇格します!
しかし、前回の記事にも書いた通り、”後カナした”ということと、”28Gまで告知がなかった”ということを加味すれば、転落していた可能性が高いと考えて良いでしょう。

仮に通常Aモードにいた場合は、約3/4で天国モード、約1/4でドキドキモードに昇格します。
通常Bモードにいた場合は、おおよそ50%ずつで天国とドキドキモードに昇格します。

すでに転落していた事を考えると、かなり良いタイミングで中段チェリーを引いた事になりますね。

今回はドキドキモードにいたのか、ボーナス連打で10連チャン!!

ちょうど10回目のボーナスを引いた後に、32Gを迎えてしまうのでした。

結果

では結果発表です。

REG:3回
BIG:21回

投資:850枚
回収:4287枚

差枚:プラス3437枚

ドキドキモードに確定チェリーに、良いタイミングで中段チェリーを引いたおかげで、快勝でした!
データを見ていると”一撃万枚!”とかも見かけるのですが、この機種で一撃万枚を出せるビジョンがわきません笑

撤去前に夢を見させて欲しいです。

--sponsored link--

沖ドキの島にいたすごいお客様

稼働記事はここまでなんですが、面白い体験をしたので、そちらも書こうとおもいます。

私が沖ドキでドキドキしている間、左の台を打っているお客様が、やたら出玉を持っていたんですよ。
何かある度に離席して、私の右の席の知り合い?に報告していました。

つまり私は挟まれていたわけです。
しかも声がやたら大きい。私が中段チェリーを引いた時は、横でご友人と「フリーズするやろ!!」と騒いでおられました。

私もそれに乗じて「するやろ!」と思っていたけど、実際はしませんでした笑
それはどうでも良い事なのですが、その方のヒキがものすごかったんです。

まずは「確定役」を引いていました。
もちろん天国に上げて連荘。

100Gくらいでまた光って、天国。

連荘が終わったらすぐにまた「確定役」を引いて、天国。

その時点で少し「おぉ・・」と思っていたのですが、その後にすごい事が起こりました。

その方は「今日の俺はツイてる!」と思ったんでしょうか。
少しハマり気味だった私の右側の友人(?)に話しかけ、「俺が当てる!」的な事を仰っていました。

そうして台を代わるのですが・・・

~5G後~


☆中段チェリー降臨☆

もちろん(?)フリーズしていました(笑)

つまり、ハマっている友人の台を代打ちして、その台で中段チェリーを引き、フリーズをかましたわけです・・
(2000枚くらい出ていました)

その後も、引き強のお客様は、確定チェリーを2回立て続けに引いたりなどして、爆出ししていました。
私の見ている間だけで、確定役2回、確定チェリー2回、中段チェリーでフリーズ1回(人の台で)引いていました・・

すごいものを見せてもらったなあ、と思いつつ、少し冷静に考えてみます。

レバーオンの仕方を真似したい

--sponsored link--

私はよく「引きが弱いねえ、レバーの叩き方がダメ」と言われる事があるのですが、ここまで色々と見せつけられたら、引き強レバーオンを真似してみたくなるのが性です。

その方を横目で観察していると、

「強レバーオン!」・・溜めて・・「強打!」という感じでした。

ここである事を思い出します。
その方がご友人の台でフリーズを引いた時、こう言っていました。

「ほら!やっぱりな!」と大声で叫んでいたんです。

冷静に考えてみると、「あれ、これは説明できるぞ・・」と思いました。
確かにスロットを打っていると、妙な無敵感がわいてくる事がありますよね?

当ブログでは時々書いているのですが、それは脳汁が出ている時の特徴でもあるんですよね。
つまり、その人の脳内では、色んな事が起こっているんです。

脳内麻薬である”β-エンドルフィン”が分泌され、その影響で幸福物質の”ドーパミン”が分泌されます。これらがいわゆる”脳汁”というやつですね。

脳汁に関する記事はこちらにまとめています
脳汁の正体って何なの?【ギャンブル依存症】

今回の場合で言うと、連続で薄いところを引いたことにより、様々な神経伝達物質が分泌され、興奮状態に陥り、無敵感を感じた、という事になります。
つまり、「ほら!やっぱりな!」の正体は、一部の神経伝達物質による「気のせいだった」という事です。脳が勘違いしてしまっているんですね。

決してこの方を馬鹿にしたいわけではなく、これが”無敵感の正体”だということです。ドーパミンの過剰分泌により、思考力も低下します。
そしてこのように、ドーパミンの過剰分泌を繰り返すことにより、ギャンブルに依存してしまう事は言うまでもありません。

本日の内容は以上です。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 スロットブログへ