こんにちは、あっきーです。

スロット専業らしからぬタイトルをつけてみました。

今日は、期待値を追っている物に忌み嫌われている”オカルト”について、肯定的な立場から意見していきたいと思います。

一応、前回の記事の続きになっておりますので、まだ読んでいない方はこちらからどうぞ
「期待値」という名の精神安定剤

前回の記事では、期待値のデメリットについてお話いたしました。

今回は、オカルト思考のメリットについてお話していきます。

オカルト思考のメリット

前回の記事でも言った通り、私自身が昔はオカルト信者でした。

そして、期待値を知り、期待値信者になったわけです。

それを経て、最近はまたオカルトっていいな、と思ったりしています。

オカルトって、メリットもあるんですよ!

では、どういう事かというと

その理由は”柔軟な発想”にあります

詳しく説明していきます。

オカルトによる柔軟な発想

期待値を追っていると、ある程度きまった行動パターンになってきますよね?

この台の期待値はいくらだから・・という風に数値化できてしまうわけです。

”期待値”という概念を知っていれば、数値化できる物事にはかなり強くなります。

その逆で、数値化できない物事にはめっぽう弱くなったりするんです。

つまり新しい発想や、人とは違う着眼点を持つ事が非常にしづらくなるという事です。

これに関しては”事実”です。

身近な例でいうと、天井狙いオンリーで立ち回っている人が、全6島に気づかなかったりなどなどです。

実際パチンコでも”攻略系”と言われる方々が、私たちではありえない程の時給を叩き出していますよね。

ちょっと話はズレますが、私はバクロさんのブログが大好きです笑
今は更新されていないですが、昔は毎日拝見していました。

話は戻しまして、オカルト思考を持つと、柔軟な発想ができるようになります。

そして、それがメリットになる事は、既に証明されているという事です。

理論漬けの発想は便利ですが・・

期待値という理論による裏付けがなされているものは、非常に便利です。

しかし、先ほども言ったように、柔軟な発想ができづらくなります。

スロットにおける期待値の考え方や、行動を否定するわけでは決してありませんが、
ロボットのように凝り固まった発想になると面白くないという事です。

結局はオカルトとどう付き合うか

結局のところ、お酒にしろ、オカルトにしろ、どのようにしてうまく付き合っていくかだと思うんです。

つまり、オカルト全開で稼働しても勝てないし、オカルト要素ゼロでも機械じみてしまうし、自分の中でうまい具合に線引きをしておくことが重要です。

456確定がでたけど、ハマりそうだからやめるなどは損失が大きいので得策ではありません。
北斗転生の神拳勝舞で10連敗したら左手にスイッチするくらいはいいだろう、と思っていたりします。

それでイライラしてしまったり、損失が出てしまったらよろしくないですけどね。

ちなみに私は、オカルト論を考え、そのあと自分で論破したりしています。笑

-----sponsored link-----

自分の今やりたいを大事に

オカルトだの何だの持ち出しておいてあれですが・・一番お伝えしたい事を最後に書いて終わりにします。

目の前の期待値を捨ててでも、いまの自分自身がやりたい事をするのってすごく大事だと思います。

最近、物事って結構タイミングが大事だったりするとおもうんです。
ちなみにこの発想も半分はオカルトなのですが、そのように行動してきて、後悔したことは一度もないですが、得した事はたくさんあります。

ここだけの話、抽選を受けた後に良番だったけど帰ってブログの記事を書いた事もあります。笑

理由は実にシンプルで、

”今すぐやりたいから”

もちろん、好き勝手しすぎたら本当に稼げなくなるので、やはり兼ね合いが大事なんだと思います。
それでもやっぱり、いつでも高設定を投げ捨てられるくらいの”オカルト心”は持っていてもいいのかなと思ったりします。

そのくらい心にゆとりを持てれば、何か良い物を発明・発案できるきっかけになるかもしれません。

ちょっと考えてみてください、というか一度調べてみてください。

”ジャグラーのオカルトに関して”

自分では考えつかないくらいぶっ飛んだ発想がたくさんありますよ笑
私の知り合いなんて、「ジャグラーには下皿センサーがあるから、コインを箱に詰めて打つ」なんて言って実行していましたからね笑

それでペカったら楽しそうに笑っていました。

そういった発想を見聞きすると、普通に面白いなーとかすごいなーとか思っています。しませんけどね。

では、今日はこのへんで失礼いたします。
すごいオカルトがあったらぜひ聞いてみたいです!

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

下皿センサーを考えた事がある方は正直にポチっと!

にほんブログ村