こんにちは、あっきーです。

私がもっとまだ若い頃、
何かの勉強会だと思って行ったけれど、実はマルチのセミナーだったというお話です。

最初に皆さんにお伝えしたい事があります。

マルチ商法をしている会社には、綿密に作られたマニュアルが存在します。
そのマニュアルは、我々にとっては良いものではないでしょう。

マニュアルの中身は、
「新規参入者を捕まえて逃さない方法」なのですから。

当時の私は、若くて愚かでした。
私だけではなく、若者というものは皆愚かです。

”スロットで稼げる”という指針がなかったなら、もしかしたら私も引っかかっていたかもしれません。
いえ、9割がた引っかかっていたでしょう。

知識なしにセミナーに行く事は、
クモが見えない糸を張り巡らしているところに、モンシロチョウが何もしらずに突撃してしまうのと一緒です。

この記事では、マルチのセミナーがどんな内容だったのかを書いていきたいと思います。
全貌とまではいきませんが、クモの糸の粘着性だけでもお伝えできればと思います。

信頼している職場の後輩に、どういう意図なのかは分かりませんが、
マルチのセミナーに連れて行かれたお話。

当時の葛藤と共にお届け致します。

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

マルチ商法”ニュースキン”のセミナー

-----sponsored link-----

前回の記事では、うまい具合に”最悪の席”に誘導されました。
もちろんこれもマニュアルの一貫だと思います。

前回の内容→【ニュースキン】”マルチ商法”のセミナー会場には美男美女が多い

ではさっそく、セミナーの内容について、思い出せる限り書いていきたいと思います。

どれほど優雅で楽しく暮らしているか

まず最初に話した内容は、

「この前〇〇に行ってきました。その写真がこれです」

そう言って、海外旅行の写真をスクリーン上に映します。

”お金”や”時間”がある事が、どれだけ人生に実りを与えるのかを教えるためです。

聴衆は、自由なお金と時間が欲しいからそのセミナーに参加しているわけですよね?
一見、単純すぎる手法に見えますが、効果は大きいでしょう。

我々の欲求に働きかけていますし、
”成功”を想像させる、最短の方法だと思います。

今となっては少し気持ち悪いですけどね笑

「〇〇に行きました!人生楽しいです!」

このような事をSNSに書いているのを見ると、なんだかなーと思ってしまいます。
人生楽しいです!って、本来言わなくても良いですからね。

写真を載せて、「人生が楽しい!」と声高々に言う理由は、何か目的があるからでしょう。
(もちろん、楽しいから楽しいという人もいます)

マルチの場合は、集客のため。

金銭的目的がない場合は、「”人生楽しい”と言う」事が目的となっているかもしれません。
つまり、自分は人生を楽しんでいるんだ!成功者なんだ!自分は満足しているんだ!と自分自身に言い聞かせているようにも思えます。

それって、本当に満足しているんですかね・・・?
(そういう人を否定しているわけではないので悪しからず)

マルチの講師は饒舌で面白い

セミナーに参加した事がない方は、ご存知ないと思いますが、

セミナーの講師、つまり語り手は、非常に話が上手です
声のトーン、テンポはもちろんのこと、時々冗談なども織り交ぜて、聴衆の心を掴んでいきます。

私も飲み込まれた一人です。笑

普通は、よっぽど神がかった話し方や内容じゃなければ、相手の心を掴むことなんてできないですよね?

この講師の方は神がかっているかと聞かれると、答えは”NO”です。
では、ここまで我々の耳を、心を、わしづかみにできる理由は一体何なのでしょうか?

サクラの存在

先ほどの問いに対する答えは、これです。

「聴衆の中にサクラが紛れ込んでいる」

サクラの役割は、”リアクション”です。

では、どのようなリアクションかと言うと、主に”同調”です。

講師が面白い話をすれば、笑う。
話の内容には、全面的に共感する。

これだけで効果は抜群です。
人間というものは、多数派に合わせる傾向があります。
生きていく上で、その社会性は必然ですよね。

しかも、それに対して、講師による”煽り”が入りますので、話の内容にレバレッジがかかります。
ではどういったケースがあったのか。一つ例に出してみましょう。

〇〇のビジネスを知っている人?という質問

講師の方は問いかけます。

「ところで皆さん、〇〇というビジネスは知っていますよね?」

「知っている方は挙手をして教えてください」

ここで半数以上の人(サクラ)が手を高々と挙げます。
まるで知っているのが当然かのように、知らない事がどれほど愚かなのか、その違いを推しはからせるかのように。

満足げに講師の方は頷きます。

「さすがですね、皆さん、よく勉強されています。今日の参加者は優秀ですね!

手を挙げた人に”優の称号”を与えるという事は、
逆に言うと、手を挙げていない人を攻撃しています。

手を挙げていない人は優秀じゃないという、条件付きの攻撃性です。
片方を褒めることにより、片方の評価を相対的に下げる手法です。
(これは心理学でもよく語られます)

すると、初めて参加した、いわば”カモ”である人々は、不安になるわけです。
それもそのはず、講師はサクラを使い、意図して不安を煽っているのですから。

そこで講師の人は、ノアの箱舟の来航よろしく、救いの手を差し伸べるわけです。

「でも大丈夫ですよ!今日のセミナーに参加できてよかったですね!!今からでも遅くないので、今日の話をしっかりと聞いてくださいね!」

これで、聴衆の耳と頭と心は、完全に講師の方へと向きます。

いやー、よく出来すぎていて本当に怖いですね・・・
もちろん、これもマニュアル通りというわけです。

ちなみにこれらは、後々紐解いて分かったことです。

信頼している人に連れてこられた比較的安全であるはずの場所で、
自分の無意識の部分に訴えかけられているので、大抵の判断力では気付けるはずがありません。

これらの”教育という名の洗脳”が行われた後、
講師の話は、いよいよ核心に迫っていきます。

つまりは、”ビジネスのお話”です。

つづく。

続きはこちらから
【ニュースキン】みんな得する!?マルチ商法の”先行予約ビジネス”とは?

バナーを押して応援よろしくお願いします!

にほんブログ村