こんにちは、あっきーです。

先日、後輩くんと勉強している時に出たお話なのですが、なかなか喜んでくれたので、嬉しくなって皆さんにも聞いて頂こうと思った次第です。

内容というのは、インプットとアウトプットのお話なのです

そもそもインプットとアウトプットとは?

簡単に説明します。
ここで言うインプットとは、何かを自分の中に取り入れる事で、アウトプットとは何かを自分の中から取り出す事。

つまりは入力と出力です。エレキギターをやった事がある人は分かりやすいですね。笑

では、何を取り入れたり取り出したりするのか?

それは主に「情報」です。

情報の中には、知識や記憶などの意味も含まれていますね。

インプットとアウトプットはどちらが大事?

どちらも大事なのですが、私は俄然アウトプットが大事だと思っています。

理由はたくさんあります。

実は、人間というのは、インプットを無意識のうちに行っているんです。

テレビや漫画をみる事もインプット、YOUTUBEもそうです。情報と触れ合う事自体がインプットだと言えるでしょう。

アウトプットは、行動や言葉として表に現れます。例えば、

「テレビでブルゾンちえみを観たから、化粧を真似してみた」

これは、テレビでブルゾンちえみを観た事がインプットで、それを真似してみた事がアウトプットです。

では、どちらの方が重要なのでしょう?ここで皆様に、一つ質問があります。

“INとOUT”どちらが人に影響を与えますか?

インプットしただけでは、見た目上何も変わらない。

アウトプットをして初めて自分が外に放出され、周りに影響を与える。

アウトプットの方が影響が大きい。つまり、重要だという事です。

後輩くん

後輩くんは、仕事をする上で新しい事をしようとしていました。

それはアウトプットです。今までは意識していなかったようですが、これからは意識的に取り組んでいきたいと話してくれました。

仕事の内容を日記形式でこと細かくまとめるだけなのですが、今まで意識していなかった事なので、かなり苦戦していました。

何に苦戦しているかというと、どうやら「細かい内容が思い出せない」との事です。

一応、記憶について少しだけ勉強した事のある私は、ピンときました。

なぜ細かく覚えていないかというと、インプットの質が低いからです

映画のお話

インプットの質を高めるコツはかなり色々あります。今日はそのうちの1つを皆様に紹介いたします。

あなたは観た映画の内容が頭に残っていますか?

はい、これは残りません。観てからしばらくは残っていたとしても、記憶の性質上、細部はすぐに忘れてしまいます。忘れるというよりも、思い出せなくなるだけなのですが。

それは、質の低いインプットをしているので尚更です。

ここで言う質の低いとは、「ボーっと映画を観た」や「ただ映画を楽しんだだけ」という事です。
もちろん、ボーっと観るのも楽しいのですが、今日は違う楽しみ方をお教え致します。

では、どうすればその質を上げるかというと、ここからが大事です。

「友達や家族に映画の内容を話すつもりで観る」

これで完璧です。たったこれだけで質の高いインプットができます。

そして、しっかりインプットしたので、いつもより質の高いアウトプットができるようになります。

このように、インプットとアウトプットは密接な相互関係にあるのです。

何事にも共通していえるコツは、

アウトプットする時の事を想像して、必要な情報を意識的にインプットする

たったこれだけで本当に変わります。騙されたと思って、映画でもドラマでもなんでもいいのでやってみてください。説明が上手で分かりやすい!と言われちゃうかもしれません。

これを癖付けると、情報の取捨択一が上手になり、頭の中がクリアになります。そうすると、何が今一番重要なのかが見えてくるかもしれません。

というわけで、後輩くんにも同じ説明をして、

「働きながらノートにまとめる内容を考えればいいかもね」

と伝えたら、非常に喜んでくれました。

というわけで、今日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事で情報をインプットしたので、指を使ってポチっとアウトプットしてみましょう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村