こんにちは、あっきーです!

本日は、社会人時代その8!

前回は、クレーム対応のお話でしたね。あっきーの身に次々と災いが降り注ぎます。笑

前回の内容はこちら

社会人時代~その7~

そして上手くいっているはずのあっきーの周りにも黒い影が・・・

なんとか信用は勝ち取りました・・・

そんなこんなで、毎日のようにクレームが多発し、対応を重ねていく度に、スタッフの信用を勝ち取る事ができました!

何故あの頃はクレームが多かったのか、今考えてみると答えは明らかですね。

わたくし、あっきーのせいです。。

私が厨房を運営する、という事で、今までとは店内の雰囲気は変わってきます。それは良くも悪くもですね。

厳しくしすぎても皆さんが緊張するし、甘やかしすぎてもゆるくなってしまうし・・・

そこから3か月してようやくクレームの頻度も落ち着きました。

そんなこんなで、日々の業務を一生懸命こなしていくうちに、着々と実力をつけていきました。

あっきーがいれば大丈夫。どれだけ忙しくても、あっきーがいれば安心だ。

そう言ってもらえるようになりました。

頑張って、結果を出して、それを人に認めてもらえる。

この経験をできた事は、本当に自分の人生の財産です。

頑張って、結果も出なくて、認められなくて、この繰り返しだったら、人ってやる気なんて出ないですよね。

私は、正しく頑張った人には、正しい評価がもらえる社会であって欲しいと、本当にそう思います。

だけど、そんな世の中ではない事も知っています。
せめて自分だけでも。頑張っている人に気づいてあげられる人でありたい。そんな人間になりたいものです。

少し話がずれましたが、そうしてあっきーは周りの方に褒めてもらいながらすくすくと育っていきました。笑

得意分野その2

やはり、バイトとはいえど上に立つ人間は、教育をしっかりできる人間でなければいけません。

クレーム対応に関しては、マニュアルを勉強して、お客様目線で考えて~
と、このように、割とテンプレを活用してきました。何しろ初めての事でしたから、基本を忠実に守る事も大事です。

元々、人に何かを教える事が好きだった私は、指導教育に関しては、完全自己流でやりました。

このやり方で後々、スタッフのほとんどを敵に回す事になるとは知らず・・・

とまあ、そのお話はあとで話すとして、クレームが落ち着きだしてすぐの頃に、ある大きな事件が起こります。

仲の良いスタッフ2人がクビ

一番仲の良いスタッフ二人がクビになったんです。

原因は不正でした。

知り合いに無料で商品をサービスしたんです。
それは悪い事で、禁止されている事なのですが、正直、暗黙の了解で多少は許されていました。

例えば、大盛にしたり、ちょっとした物をサービスしたりなどなどは割と日常茶飯事で起きていました。

私も、まだ考えが浅かったので、仲の良い人にはサービスしてもいいだろう、とその程度の感覚でしたが、本当にそれが甘かったです。

しかしながら、どうやってバレたのか?それが大きな問題でした。

クビになったスタッフは、みんなに好かれており、仕事も誰よりも出来る。私にとっても、一番便りにしている二人でした。

バレたらクビだと分かっていながらやっていたので、非常に悲しいですが、クビになるのは仕方がありません。守れなかった私にも責任はあります。

しかし、クビ宣告を受けた次の日、衝撃的な事実を耳にします。

スタッフの誰かが会社にチクってバレたらしいよ。

「え?チクった・・・?何のために?」

一番好かれていた二人がクビになったショックもあり・・
「この中に裏切り者がいる。」私の職場はそんな雰囲気になりました。

あの雰囲気は本当にひどかったです。一か月間、誰も笑顔を見せませんでした。もちろん、私も含め。笑えない状況とはこのことです。

ひぐらし顔負けの「疑心暗鬼モード」突入です。

それもそのはず。楽しかった職場が一変して、少しでも何かしたら「誰か」に会社にチクられる状況ができたのですから。

善悪は別として、密告者はこの中にいる。

つづく。

主婦がいるところに昼ドラは生まれるのだ。ポチ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村