こんにちは、あっきーです!

前回は、方言やイントネーションを習うべく、友達を作る事を決意しました。

前回の記事はこちら
社会人時代~その2~

私は、人見知りでした・・・

私も昔は人見知りでした・・・

という文章から始まると、怪しい商材を売りつけるサイトのようですよね。笑

実際問題、この頃から人見知りが発動していました。
慣れない環境と、慣れない言葉による精神攻撃から、話す事が億劫になっていたせいもあります。
(数年後、人見知りは改善されます)

友達を作ろうと思っても、同い年の人はほとんどいなかったので、

自然と年上の方と一緒にいるようになります。

そのおかげで、ヒアリングも、スピーキングもほぼ完ぺきなところまでいきます・・・

しかし、その一年後。

同い年の人が続々と増えていく事により、

ある重大な事実に気が付きます。

敬語しか話せない・・・

ずっと年上ばかりの職場だったので、ため口で話す事がなかったのです。

その結果、

敬語だと完璧な言葉遣い

ため口だとド田舎訛り

このようになってしまいました。

いやー、気が付いた時は、本当にびっくりしましたね。
ため口のイントネーションが分からない・・

少し考えて頂きたいのは、田舎で過ごしていた18歳までの間

敬語とため口、どちらを多く使っていたでしょうか?

それはもちろんため口です。

つまりは、ため口の方が、出身地の方言に染まっているという事です。

結果的に、ため口でもきちんとお話するまでにかなり時間を要しました。

しかし、慣れるものですね。
次第に話せるようになっていきました。

そんなこんなで、周りの人とも打ち解けていきます。

そして、20歳になろうとしているその時、ある重大な決断を下す事になります。

二つの選択肢

-----sponsored link-----

私の目の前に、二つの選択肢がありました。

時間帯責任者になるのか?

このまま普通に働くのか?

なぜこのような事になったかと言うと

20歳になる時に、自分に試練を与えたかったんです。

当時は今よりもっと視野が狭く、物事の原理原則をよく理解していませんでしたが、

ただ漠然と、前に進みたい。という気持ちがありました。

その時の私にとって、責任者とは、かなり大変な仕事だと思っていました。
(実際かなり大変でした)

だからこそ、その責任者を全うする事により、自分が成長できるのではないか?そう思いました。

しかも、スタッフの方々は

・自分より年上
・自分より経験が長い

後輩がほとんどいない状態での責任者。
かなりハードルが高かったです。

決断力もないので、迷います・・・

今なら、即答でやるのですが

果たして、19歳のあっきーは、ちゃんと正しい選択が出来たのでしょうか!?

つづく。

つづきはこちら
社会人時代~その4~

応援ポチをお願いします!

にほんブログ村