こんにちは、あっきーです。

長かった社会人時代も今日で最終話です。

この物語を通して、少しでも共感頂けたり、私の人となりをご理解頂けたら幸いです。

今のところ、続編の予定はございません。
今回で最後のつもりなので、ぜひ楽しんでいってください。

前回の記事はこちらです
社会人時代~その19~

-----sponsored link-----

お金はないけど、パチンコ屋に通ってしまう

仕事でのストレスや、不甲斐ない自分に対する嫌悪感を忘れるために、毎日パチンコ屋に通うようになりました。

2日に1回くらいの頻度で通っていた時期もありましたが、毎日はさすがにやばいです。

空いている時間はパチンコ屋で過ごす。
仕事が終わったら閉店までパチンコやスロットを打ち続ける。

”嫌な現実から逃れるためだけに”

本当にお金が無くなってしまった・・

毎日通って好きな台を打っていたら、負けて当たり前です。

ついに使えるお金もほとんどなくなってしまいました。

もちろん、貯金なんてあるわけないです。

それでもできるだけ長い時間パチンコ屋に居たい。

という事で、今までは10円スロットや5円スロットを打っていたのですが、ついにその更に上をいきます。

それは”4円スロット”という闇

4円スロットが近くにあったので、そちらのお店に通いはじめました。
一日で使えるお金は頑張っても1000円から2000円。

それでも打ちます。

もはや立派な”依存症”ですよね。

本当に依存している人は、レートに関係なく打つと思っているのですが、

私のように、”低レート”に依存している人は、正直特殊だと思っています。

大体、パチンコ屋にいる人は”ギャンブル性”に依存しているのですが、低レートにいる人は

”パチンコ屋という空間”に依存している可能性が高いです。

その理由は、私のように全てを忘れたかったり、パチンコ屋の他に自分の居場所が無かったりという風に、同じ依存症でもジャンルが少し異なります。

5円スロットだったら1000円で200枚
4円スロットだったら1000円で250枚

50枚分多くパチンコ屋に居たいが為に、私はそのホールに通い続けました。

通い続けるというより、パチンコ屋にしがみついていました。

あまりに惨めで、あまりに悲しい。
当時お付き合いしていた方には内緒で通っていました。

誰にも頼れず、誰にも相談できず、何が正解かも分からないまま、私はズブズブと泥沼にハマっていきました。

強い強い”負のエネルギー”を内に抱えながら、毎日を送っていました。

仕事を辞めたい。
だけど、具体的にどうすれば良いのか分からない。
今の場所から抜け出す方法も分からないまま。

「自分は一体何をやっているんだ。」

そう強く思いながら、重い日々過ごしていました。

おわり。

まとめ

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この物語はここでおわりです。

こんなどん底から、とあるきっかけがあって更生する事ができました。
自己紹介にも少し書いているのですが、そのお話はまた機会が書きたいと思います。

社会人時代、色んな経験をさせてもらい、良い事も嫌な事もたくさんありました。

5年以上、真面目に働いてみて思った事は、

”働いて本当に良かった”

という事です。
当時の経験は、今の私を形成する大きな要素になっています。

最終的には、メンタルがやられる寸前まで追いこまれましたが、それでも色々と学ばせて頂いた事に、心から感謝しています。

”あの頃の経験がなかったら、今の私はありえない”

それは間違いない事実です。

しかしながら、私はこうも思うのです。

現在、そういう風に自分の過去に対して感謝できるのは、

「過去を現在に活かせているから」だと。

あのままズブズブとギャンブルに、パチンコ屋にのめり込んだままだったら、今も仕事の愚痴を言いながら働いていると思います。

自分がより輝ける場所を探そうともせずに、現状を打開する事も出来ずに、自分を大事にする事さえできずにいたと思います。

全ての綺麗な台詞は、”乗り越えたからこそ言える事”だと思っています。

この記事を読んで、少しでも心にくるものがある方は、少なからず心に闇を抱えていると思います。

そしてそれは、恐らく人には言えない事だったりします。

そんなあなたにお伝えしたい事があります。

それは、

”劣等感”は強いエネルギーだという事です。

そして、それに目を背けたままではいつまでも前に進めないという事実。
せめて、自分が強い劣等感を持っている事だけは理解してください。

同時に、それは大きな負のエネルギーだという事も理解してください。

その負のエネルギーを使って、私は前に進みました。
負から正への転換です。

私は心理学を勉強して、学んだ事があります。

本当に嫌な思いや、悔しい思いをした人間の方が、それをバネにして高く飛べるという事実です。

他の人間よりも闇を抱えているという事は、同時に他の人よりも大きなエネルギーを持っているという事です。

劣等感を正のエネルギーに変換することで、本質を考えると100点は取れませんが、幸せにはなれます。

負から正へ転換するコツは、目を背けない事です。
「自分はダメなんだ。自分はこれが出来ない。自分には何もない。」

それらから目を背けなければ、チャンスを掴む可能性が0%から1%になります。

「こんなクソみたいな自分にも、高く飛べる可能性が1%だけある」

その上で、その1%は何なのか?光はどこにあるのか?何にしがみつけばいいのか?

探せばきっと見つけられるはずです。

惨めな私が、小さなお店の4スロコーナーで、微かな光を見つけられたのですから。

以上、社会人時代編でした。

「社会人時代」を全部読んだ!というコアな方はぜひポチっとしてください!

にほんブログ村