こんにちは、あっきーです

前回は、自分の故郷の文化である「方言」を封印する事を決意しました。

前回の記事はこちら
社会人時代~その1~

「わかりました」
「そうなんですね」

という言葉しか発する事が無かった私は、しっかりと会話する事ができたのでしょうか!?

社会人時代~その2~

自分の言葉を封印したとしても、問題が2つあります。

それは、

「方言」
「イントネーション」

この2つです。

方言の難しさ

方言も本当に通じなかったのですが、イントネーションがかなりの曲者でした。

しかしながら、これらを攻略していくしか方法はありません。

研究に研究を重ねました。
方言に関しては、かなりのアンテナを張りました

自分だけではなく、他人同士でしている会話にも耳を傾け

ああ、これも方言なのかな・・では、

「ソレハドウイウイミデスカ?」

と聞く。

まさに外国人そのもの。

そして、自分と会話している相手が、「あれ?」という顔をしたら、

「イマノハホウゲンデスカ?」

と聞くようにする。

これを徹底する事で、方言自体は比較的簡単に攻略できました。

イントネーションの難しさ

-----sponsored link-----

さて、一番の問題はあいつです

イントネーション

これを変えるのは、本当に難しい。
私の人生において難しかった事のTOP3のうちの1つに君臨しています。

言葉の壁を背にして、窮地に追い込まれた私は、自発的に言語と向き合っていきます。

そこで気づいた事がありました。

「耳ではここの言葉は聞き取れるが、自分で話せるわけではない」

つまりはヒアリングを鍛えるのと、スピーキングを鍛える事、その両方が必要であり、

ヒアリングは比較的簡単だという事。

英語を勉強したときとそっくりです。
完全に「言語」を学んでいますね。笑

そんなこんなでやっているうちに、気づきました。
言語と同じなら、先生が必要だな、と。

そうだ、友達を作ればいいんだ。

つづく。

続きはこちら
社会人時代~その3~

応援ポチをお願いします!

にほんブログ村