こんにちは、あっきーです。

今日は社会人時代編の小休止、わたくしあっきーが好きだった機種について書きたいと思います。

現在はスロットを打つ事がほとんどの私ですが、昔はパチンコの方が好きでした。

今まで一番好きだった機種の候補として、2機種ほどあるのですが、どちらも甲乙つけがたいですね~

今日はそのうちの1つを紹介していきます。

大海物語2withアグネスラム

皆さんご存知、”大海2アグネス”です

はい、貧乏だった私は甘デジが大好きでした。
それも打っていたのは”1パチ”です!

1パチの甘デジでも5000円くらいは普通に負けられるので、結果に一喜一憂していました。

なぜこの機種が好きだったかというと、やっぱり演出です。

当時の私は、長ったらしいリーチが苦手だったんですよね(今もですが)
ですので、好んで海シリーズを打っていたのですが、特にこの大海2のアグネスは演出が秀逸でした!!

では、お得意の箇条書きで説明していきます。

・リーチがかかった瞬間の楽しみ要素が多すぎる
・タッチとボタンと液晶のバランスが最高
・矛盾演出

この三つだと思います。

リーチがかかった瞬間は忙しい

少しでも熱さを感じるために、やらねばならない事がいくつかあります。

リーチがかかった瞬間にする事。

まず、リーチがかかったら画面をタッチします。

図柄がリアクションをしてくれるのですが、アグネスラムの画像が浮かび上がったら大当たり確定!など、色々あってめっちゃ楽しかったです。

タッチしてアグネスが出なくても大丈夫です。
基本は図柄付近にビックリマークがでるのですが、音符でほぼSPリーチ以上などなどあって、矛盾で当たりだったりします。
図柄の目がハートだったりしたら当たりなので、興奮します。

タッチで何もでなくとも、ボタンプッシュがあります。

炎のアクションが出たらほぼSP以上(リーチ後真ん中図柄が1コマ以内)で、全く別のところに止まったら矛盾で当たりとかありました。

他にもプレミア演出が非常に多く、初めて見た演出などがあった日は負けても楽しかったです。

保留先読みで、タッチしたらアグネスが出てきたり、全てに7図柄が出てきたりで0確もありました。

甘デジなので当たりやすくリーチもかかりやすいので、常に楽しいんです!笑

保留先読みで、タッチしたらアグネスが出てきたり、全てに7図柄が出てきたりで0確もありました。

当時の私の感想は・・

「楽しすぎる」

不意にくる15Rにも興奮できましたねー。
お金に余裕がある時は、4パチのこれを打ったりして、それで5000発もでれば脳汁プシャーーでした。笑

ずーーーっと1パチで打ってました。笑
おじいちゃんやおばあちゃんにまぎれて、タッチしたり連打したりしていた若者は私だけでしたね。笑

まとめ

大海2アグネスは、かなり打ち込んだ機種です。
それでも止め打ちや捻り打ちについて、全く調べた事もなかったので、当たり前のように負け続けていました。

お金が無かった私は、日々の勝負に毎回一喜一憂して、楽しかったり悲しかったりしました。
ちょっと勝った日は、マクドナルドで豪遊したりしていました。笑

今はもう、あのような打ち方はできないし、あのように無邪気にパチンコで楽しむことはできません。

だけど、今の方が楽しいので、それでいいんです。

あの頃は、アグネス以上に楽しい事があるなんて、考えもしませんでした。

そんな時代もあったなあ。

ポチっとしてくれたら嬉しいです。

にほんブログ村