こんにちは、あっきーです!

”パチンコ屋で張り付きハイエナに絡まれた話”

いや、ほんとびっくりしました。

「まさか知り合いに絡まれるなんて」

--sponsored link--

張り付きハイエナ、通称ハリエナ

私が通うホールには、張り付きハイエナがいます。
張り付くと言っても、島の近くにある椅子で”一日中待機”している感じです。

常にそこにいます。何が何でもそこにいます。
その人は朝から閉店近くまでハイエナをしているのに、なぜか下見はしないんです。

要するに、立ち回りが上手な人じゃないんですよ。ジグマして張り付いている時点でお察しですが・・
その人とは何回もお話した事があって、常連同士だけどお互いにあまり干渉しないスタンスです。

そもそも、ハイエナ同士だったら超ライバルですからね。
相手に人間的な魅力を感じていない限りは、干渉しすぎるとやりづらくなります。

通称ハリエナには、全く魅力を感じなかったので、時々良い台を譲り合うくらいでした。
そして、ある日事件が起こります。

とある機種でカマ掘っちゃった

ハリエナがとある台を打っていました。
宵越しだったらそこそこのゲーム数ですが、リセット恩恵が全くない機種です。

すると、その人はリセットの可能性が高いと思ったのか、その台を辞めていたんです(数分後に気付きました)
たしかにリセットもかけるお店ですが、ある程度の傾向はつかめます。

「(据え置きでしょ・・)」と思いながら、その台をキープし、一応声をかけに行きます。
「リセットかかってそうだったんですか?」と私が尋ねると、「わからん」と返答されました。

宵越し判別はある程度はきく機種だったので、リセット挙動だったのかな?と思って聞いたのですが、まさかの「わからん」でした。
そう答えた理由は、「お前には教えねえよ」とかではなく、普通に分からなかったのかな?と推測します。

あまり気のりはしませんが、その人が”辞める”と決意した台を、私は”打つ”と決意して、宵越し天井を目指しました。

結果、天井まで到達しなかったのですが、そこそこ出しちゃったんです。
その台で出してる間中、その人の視線を感じていたのは言うまでもありません。

単純に出されてムカついたんじゃないかと思います。
そして、その日から一度も顔を合わせる機会もなく、時が過ぎました。

次回来店時にトラブルが

--sponsored link--

その日は、友人に稼働を手伝ってもらっていました。
友人にとって初めての期待値稼働だったのですが、かなり筋が良かったです。

一台目を打ち終わるのと同時頃に、結構良い台が空きました。一番近くにいたはずのハリエナは気付いていません。
「友人にこの台も打ってもらおう」と思い、とりあえず私がキープして、友人に引き継ぎました。

代打ちをしてもらう場合、ホール内での接触は極力しないように気を付けていますが、仕方ない場面も出てきます。
私がキープした台を、数分後別の人が打っているのを見たら、分かる人には分かりますからね。

念のため、店員さんが見ていないのは確認しましたが、ハリエナはこちらを見ていました。
彼も以前、代打ちさんを使っていたし、長時間の掛け持ちをしょっちゅうしているので、代打ちがバレたところで何も言われる筋合いはない、という判断でした。

すると数分後私の所へハリエナが来て・・

「お前、代打ち連れてきてるのか?」

(え?この人お前って言った?)

顔を見ると、めちゃくちゃ怒っています。
目がかっと開いて、唇も薄く開かれており、強いまなざしでこちらを見ています。

(いきなりどうした?こわ・・)

「代打ちを連れてきてるのか?」という問いに対してですが、店側にバレたら出禁になる可能性もあるので、真実を言う必要はありません。
ただ、台を代わったのは事実なので、そこは言い逃れできないなあ・・ミスったな・・と思い、こう答えました。

「友達ですよ。今日は乗り打ちです」

友人にも、誰かに何か言われたら「乗り打ち」と答えるように伝えていたので、これでいいです。

すると、ハリエナから驚きの返答が・・・

「お前、舐めてんのか?」

(うわ、バレたかな?)・・・とは思わずに、これは”アレ”だ。と思いました。

”勢いで喧嘩を売ったけど言う事がなくなって、とりあえず脅すやつ”

前職のクレーム対応で飽きるほど聞いた脅し文句なので、一瞬で分かりました。
文句があるんだったら、ちゃんと戦略をたてて物申せばいいのに・・

「いや、乗り打ちですよ?」

私はそう伝え、その場を後にしました。
怒っている人の傍にいるのは、怒りを助長するので危険です。その人が落ち着くまで出来るだけ距離を置きましょう。

ということで、私は離れた場所で30分ほど待機しました。
その間に状況をもう一度見直して、何かあった時の為に、その人に脅された場所と時間と内容を全てスマホでメモります。

ほんと、この作業をするのは一体何度目でしょうか。
立ち振る舞いには大分気を付けているつもりなんですけどね。

島内の通路では相手が誰であろうと99%道を譲るし、顔見知りの店員さんが通ると軽く会釈します。
ゴミも全て自分で捨てて、ひじ掛けを元に戻し、貸しコインが出てくる部分を規定の位置に戻します。
出玉を流す際におしぼりを渡されるのは申し訳ないので、極力手を煩わせないよう、先に自ら取るようにもしています。当たり前の行為です。

なぜなら自分は、店側にとってメリットがない事を知っているからです。代打ちも本来は禁止行為だからです。
あくまで我々は、目立たないように、店側に迷惑をかけないように稼働させてもらっているんです。自分が稼げる現場を壊さないように尽力するのは当然です。

ただし、年がら年中張り付きしているような人間に、「お前舐めてんのか?」と言われる筋合いは全くないです。
さすがにこれは気に食わないですね。冷静に対処はしますが、脅されたら怖いし、不快にもなります。

予想では、ただ威圧したかっただけなのかな?と思っています。今までもそうやって”排除”してきたのでしょう。要するに、「ムカつくし威嚇してやろう」と、勢いでそう思ったんでしょう。自分の出禁リスクも考えていないだろうし、本当にモメる覚悟もないんだと思います。

もちろん、売られた喧嘩を買うのは簡単ですが、いちいち面倒事に付き合ってはいられません。
私的にはモメるのは本意じゃないし時間も勿体ないので、今まで大抵の事は無視してきました。いつも通り、初回に限っては目をつむりますが、次何かあったらきちんと話し合おうと思います。本当にくだらない事です。

にほんブログ村 スロットブログへ