こんにちは、あっきーです。

散々打ち尽くされてきた、ミリオンゴッド神々の凱旋で、みんながあまりしていない立ち回りを紹介したいと思います。

それはズバリ「モード狙い」です。

なかなか狙う機会はないですが、ライバルはほぼゼロなので、この記事を読んだら選択肢が増える事は間違いありません。

しかも時給が超優秀です。

本日も応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

「1・3・3」という出目

-----sponsored link-----

先日稼働していた際に、このような台を見つけました。

出目「1・3・3」

その日は、エナ専の人が3人くらい周回していました。
「1・3・3」のゲーム数は500Gくらいです。もちろん誰も見向きもしないし、意識すらしていません。が、私はとりあえず着席します。

ここで少しだけ、脳みそを使う必要性があります。
ディセントなどの潜伏もそうですが、こういったモード狙い等では、「前任者がどんな人だったか」が最重要です。

このような場合は、消去法で考えていくのがベストです。

・凱旋のモードについての知識がある人だった
・凱旋のモードについての知識がない人だった

単純ですが、この二つで検証したいと思います・・がその前に、「1・3・3」という出目についての考察を先に述べたいと思います。

「1・3・3」は通常以上濃厚

「1・3・3」とはいわゆる、”左奇数+奇数ケツテンパイ”です。
凱旋の出目というのは、モード差がかなり顕著にでます。つまり、出目でモードをある程度見抜くのは難しくありません。

では、こちらをご覧ください。

「左奇数+奇数ケツテンパイ出現率」

低確A→1/682
低確B→1/1782

通常→1/183
天国準備→1/42.5
天国ショート→1/29.6

見て頂ければわかるとおり、奇数ケツテンパイが出たら、天国ショート以上にいる可能性が高いです。
次いで、天国準備の可能性もズバ抜けています。

これは単純にこう考えていいと思います。

「天国準備以上にいる(期待値がある)かもしれない」

天国準備以上に期待値がないと思う方は、天井狙い後に”ブラックホール1G完結”がきてもやめてくださいね笑

そして、この知識はモード狙いに活かせます。
仮に自分が打っているとしたら、引いた小役やそこに至るまでのモード移行等を加味して考えます。
悪い出目が続いている状態で、単発で「1・3・3」がでた場合は、こう考えます。

「何も引かずに通常モードに上がったか、低確の薄いところを引いたかな」

しばらく回してみて、明らかに出目が弱い場合は「低確の薄いところ」
もしくは、またもや「3・5・5」などが出た場合は「通常モードに上がってたのか」と考えます。

凱旋やハーデスの設定狙いをしていたら、こんな風にモード考察をする癖がつきますよね。
基本そういうところでしか判別できないですからね笑

前任者のレベルを考えてみました

話は戻りまして、前任者は知識があったのか否かについて考えてみましょう。

ちなみに、この二択に至るまでの経緯を少しお話すると、

「何でこれが空き台なのか?」という疑問が最初にでてきて、
「仮に高モード示唆がたくさん出ていたら隣の人が移るはずだ」と思いましたが、両隣はAT中だったので移れない。天国ショート以上の可能性もある事が分かりました。

そして、打ち手のレベルを考えた場合、こう思いました。

「前任者がモード判別をしていたら、この出目で辞めない」
「前任者がモード判別をしていなかったら、この出目でも辞める」

その根拠としては、ゲーム数が500Gだということです。仮にこれが28~32G付近で辞められていたら、少しためらうかもしれません(打ちますけど笑)
500Gで辞める人は、基本的に知識が少ないです。

「自分なら”1・3・3”という出目が出たら少し様子を見る」と考えていますので、私より上手な人が打っていた可能性は低いです。

あと、リスクも大事ですよね。期待値を至上とした場合のリスクは、

「低確ABと通常モードを打ってしまうリスク」

今回の場合は、”天国準備以上を打つ事”が目的だったので、天国準備以上を見抜くために要するゲーム数は10~15回転ほどです。
この際の低確滞在率を考えると非常に低いので、通常以上はほぼ濃厚。そして15G打てば分かる。つまり、期待値的なリスクはほとんどありませんでした。

実践データ

501G→133スタート

506G→ブラックホール1G(天国準備以上濃厚)

523G→ななめ黄七から逆風(天国ショート以上濃厚)

534G→出目「5・0・5」

そこから数ゲーム煽りがきて、その後10Gほどは弱出目ヤメ(通常以下転落)

こんな感じでした。

当てる事はできませんでしたが、この台は天国準備にいたという事が濃厚ですね。
そしてななめ黄七から天国ショート以上に移行し、すぐに転落したということです。

天国準備自体の当選率はかなり低いですが、小役による天国移行率は高いです。
そして、天国滞在時の期待値は非常に高いです。

リスクが少なく、時給は高い、ローリスクハイリターンな立ち回りです。

他にもこんな出目は打てる

ちょっとだけ例を出しておきます。
Vや7が絡むと辞められづらいので、現実的な範囲でいきます。

「5・3・5」などのオール奇数はさみ。
「3・4・5」などの奇数の順目
「1・0・0」などの奇数+”0が2つ”
「1・0・1」などの奇数はさみ+中央が0(0・1・0でも可)

解析が出ていないところもありますが、このような出目を確認したら天国準備以上の可能性が高いので、打ってみる期待値はあると思います。

とはいえ、凱旋やハーデスの出目をちょくちょく見ている私でも、このような機会はなかなかないです。
現実的に立ち回りに活かせる方法は・・

「天井狙いをしながら周りの出目を気にする」くらいですね。

リスクとリターンと時間効率のバランスが超優秀なので、ぜひ試してみてください。

バナーを押して応援よろしくお願いします!

にほんブログ村