こんにちは、あっきーです!

今日は、前回の続きなのですが、おさらいをしておきましょう。

新店舗開拓という事で、以前からをリサーチかけていたお店がありました。

そのお店では、常連さんの力がなかなか強いところで、プレッシャーに耐えながらも初稼働を迎える事ができました。

そして、色々と情報を集めて、いざ入場したら・・・

前回の記事はこちらです
[実践!店舗開拓]GOに入ってはGOに従え!?

皆様にお詫びなのですが、私の勝手な都合により、今回の実践機種の名前は伏せさせて頂きます。

もちろん、機種名が言えないのならば記事にするな。というお声もありそうですが、機種を伏せても良い記事が書けるのではないか、という思いからこの記事に取り組んでおります。

では、参ります。

いざ入場してみたはいいものの・・・

狙い台の出目が変わっていました。

このお店は、某Aタイプ機種がかなり強く、過去のデータからみると設定6も使っている可能性が高いです。

ガックンが効くので、狙いやすいと思ったのですが、なかなかうまくいきませんね。

どういう事かと見てみると、常連さんがみんなで1Gずつ回しているようです。
(2枚入れて回してみたら、データカウンターで1G上がりました)

この速さは、恐らくコインの持ち込みをしていますね。

私が狙いをつけていた台は全て回されていました。

仕方なく、ガックンが効く機種を10台ほどみてみると、リセット台は半分ほど。

さて、どうしたものかと考えました。一度、頭の中で状況を整理してみます。

・ガックンは効くけど、早い番号の人がすぐ回しているので分が悪い

・うまそうな人はガックンした台しか打っていない

・狙いをつけた台が優先的に回っているという事は、狙い自体は間違っていない

・一番立ち回りがうまそうな人は、私と同じ台の狙い方をしている

・リセット状況は、おおよそ50%前後

つまりは、狙い方は間違っていないので、ガックンが効かない機種を打てばいいと思いました。

某Aタイプの中でもガックンしない台で、なおかつ狙いの精度がそこまで高くないけど打てる機種には目星をつけていました。

ファンキーなあいつです(機種名は内緒です)

とっさに思いついたのが、「ここの常連さんはガックンに頼りすぎているのではないか?」という考えでした。

私の周りにも、いわゆる「ガックン病」の方がいらっしゃいますが、リセットが確定している台しか打てないほどガックンに依存しています。

このお店の常連さんにもその匂いを察知し、某Aタイプの某ファンキーな機種の島に向かうと、、数台ほど空いてます!

そして今回、高設定が入る可能性が高い台数は3台まで絞れています。その中でも第一候補は、割と自信があったのですが、確証はありません。

ジャグラーは判別不可能!?

余談ですが、ジャグラーの判別は基本的に不可能です。

出たら6、出なかったら4とか言う方がいらっしゃいますが、そんなに甘い機種ではありません。
私がジャグラーを打つのは、三つの条件のいずれかを満たしている場合のみです。

・「よほど強い根拠がある」

・「全台系」

・「横の比較がきく」

今回は、根拠はありますが、いつもほど強くはありません。全台系でもありません。
狙い台を3台まで絞れているという事は、その3台の挙動を比較して打てるという事です。

それが横の比較。自分の台の挙動が悪く、もう一台がかなり強ければ辞める根拠になります。

自分の台の挙動が悪くはなく、中途半端な感じでも、他の2台がかなり悪かったら続ける根拠になります。

という事で、即席ですが某Aタイプのファンキーな機種を打つ根拠ができました。

いざ実践!する前に、店舗開拓のお約束

このお店における常連さんの強いつながりはよくわかりました。
常連さんありきのお店なので、私のような者は基本的に邪魔です。

「郷に入っては郷に従え」という事で、そのホールさんの暗黙のルールを探しつつ、そのルールを破ってしまわないように気を付けます。

要するに、下手な事はしないように、ということですが、「目立たない事」と「お客さんや店員さんに迷惑をかけない事」を念頭に置きながら、慎重に立ち回る必要があります。

今回私が実際に気を付けた事をまとめると

・データを見てまわる時に、他の方を不快にさせないよう気を付ける

・できるだけ足を組まない

・小役カウンターを置く位置に気を遣う

・パチプロだと悟られないように尽力する

・高設定だったとしても回しすぎない

こんな感じです。できるだけ空気のような存在を心がけます。この日は目立ちづらいように、身につける服の色も地味目にしてきました。

人に遠慮しなかったり、やりたい放題やる、などの立ち回り方をしていると、結局自分に返ってきます。
気を遣うのはお人よし。とかではなく、リスクを減らす為にもきちんとやった方がいいです。

小役カウンターはこのへんとかがいいですね。

いざ実践!・・・まだ打てません。

やっとの思いで台を確保したは良いものの、まだする事があります。

小役カウンターを使っている人数と、台番号とその人の特徴をさりげなくメモします。

そして、自分が狙いをつけた台に座っている人の客層も見ていきます。

それが終わって、少しリセット状況を見てまわり、ようやく実践開始です!

朝イチの挙動が良すぎてツライ

あのですね、いくら自分が目立たないように頑張っても、打っている台の挙動がとがりすぎると目立ってしまいます。

1000G時点

BIG1回:REG9回・・・ファンキーすぎる。

近くに座っている常連さん二人、こちらをガン見・・・

必殺、レギュラー寄りでストレスが溜まっている人のフリ作戦を決行したのですが、効果は薄そうです。

(一応、やり方を説明しておきます。レギュラーが揃った瞬間、首を少しかしげながら頭をさげます。)

そして、この時に周りの状況を見に行きます。台を回す事も大事ですが、少しでも次につながるような立ち回りをすべきです。

カチカチくんを使っていた人のやめたG数で、その人のレベルが少し分かりました。
大体、1000Gほどで辞める人は、上手とは言えない可能性が高いです。某Aタイプを打つのなら最低でも2000~3000は回すはずです。

私が上手そうだと思った方は、挙動に関係なくツッパしていました。これは自信満々ですね。

とがった台のせいで目立ちながらも打ち切った結果・・

9000回転で
BIG32のREG40合算は1/125

葡萄的なものは1/6.1でした。

設定差のある単独レギュラーは1/281

つまり、ほとんどの要素で設定6をぶっちぎっています。

ファンキーすぎます。都合により機種が言えないのが残念です。

おふざけ無しに、設定5,6はありそうですね。他の機種を見ても、ぶっちぎりの台が見受けられますので、当たり台は設定6の可能性が高いです。

いやはや、挙動が良すぎて目立ってしまいました。これはもう仕方がないかと思います。私が設定を狙っていると認識されたので、今度は常連さんに話しかけてみます。

感想

無事、初実践の店で高設定を打つ事ができました。

これはかなり喜ばしい事なのですが、相当に気を遣いましたね。このレベルのお店は本当に珍しいかと思います。

そして、一番の収穫がありました。

一機種だけですが、ライバル皆無のブルーオーシャンを見つけました。
次の実践では、常連さんにジロジロみられることなく、嫌われる事なく高設定を打てる可能性が高いです!

今回の実践では、得るものが非常に多かったですね。一人でお店を攻略する難しさも、久しぶりに体感しました。

スロットを打つ限り、ライバルがいないブルーオーシャンを求めて、あっきーの旅は続きます。

最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

ファンキーだと思った方は下の画像をポチ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村