こんにちは。「スロパチ依存賞」管理人のあっきーです。

今日も皆さんの貴重なお時間を使って来て頂き、本当にありがとうございます。

先日、少し大きな地震がありました。

熊本に住んでいる皆様は本当に不安な夜を過ごしたと思います。

それからすぐに台風上陸
北朝鮮からの核の脅威
そして自然災害の脅威

悲しい事に、平和な日本ではなくなってしまったのかもしれませんね。

さて、今日は

「デメリット」に関するお話をしていきたいと思います。

当ブログの読者も着々と増えているみたいなので、そろそろこの話をしておこうと思った次第です。

日本がたたされている窮地には敵いませんが、かなり重い内容の記事になっております。

-----sponsored link-----

デメリットって何?

「デメリット」

英語で書くと”demerit”

[merit]という単語の頭に[de]がついていますね

さてさてと、調べてみると、どうやらこの[de]という接頭語には

「離れる」という意味があるみたいです。

「離れる」つまりは「否定」
「強調」の意もあるようです。

では、[merit]の意味は、、

「長所」や「価値」

大まかですが、そういった感じです。

という事はつまり、デメリットとは、

メリットから離れたもの、「メリットに非ざるもの」

という認識でよいと思います。

[demerit]

としての意味もしっかり調べてみました。

欠点、短所、損失

一般的に使われているデメリットは「損失」という認識が多いかと思います。

メリットを考えるなら、デメリットも考える

皆様ご存知の通り、私はまだ未熟者です。

その未熟者が、脱未熟者をするための教訓というか心得のようなものがいくつかあります。

今日はその心得の一つを、私のブログを例にして説明していきたいと思います。

メリットだけを見るな

”世界における、様々な事象は表裏一体で考えよ”

という言葉にも置き換えられます。

それは一体、どういう意味なのか?

綺麗なバラには棘があるように
優しい顔をして近づいてくる男には用心するように
儲け話の裏で、知らない誰かが最大限の得をしているように

皆様には目に見えない「裏」の部分を見て欲しいのです。

一つ忠告しておきたいのですが

「誰に対してでも常に疑ってかかれ」

という事ではございません。

その考え方では、どこかでひぐらしが鳴くように「疑心暗鬼」に囚われてしまいます。

”騙されないように疑う”

というよりは、

「信用するために相手を精査する」

と言ったところでしょうか。

このブログを読むデメリット

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。

私が思うデメリットを考えてみました。

ちなみに、この記事はデメリットを思いつき次第、随時更新いたします。

(最終更新日2017年 12/4)

1.「時間」

私が思いつく、圧倒的デメリットは時間です.

それは、このブログを読んで起こった事に関わる、すべての時間です。

「時間」と言われて、


「なるほど、このブログを読む間の時間か」

と考えたあなた、まだ視野が少しばかり霞んでいます。

もちろん、その「時間」も含まれておりますが、このブログを読んだ後、ふとした時に何かを考えませんか?

そういえばあのブログにはこういう事が書いていたな、と。
その、「考える時間」も含めています。

そのように皆様が想起してしまうのは、私の自尊無しにしても当然の事です。

理由の一つは、私が魂を込めて更新しているからです。

私が殊な例というわけではなく、人の本気は印象に残りやすい、という意味です。

二つ目は、インパクトがあるからです。

それは、他のブログでは書いていないような事が、しばしば書かれていることによるインパクト。

よって、このブログは、皆様の時間を奪っているのです。

あなたの過ごしている時間は、今のあなたが思っている以上に大事な時間なんです。

「機会費用」について書くと、膨大な内容の記事になってしまいそうなので、今回は割愛させていただきます。

気になる方がいらっしゃいましたら、ググってみてください。
右手でググっても、左手でググっても、オッケーグーグルでも構いません。

あなたが過ごす時間に関しては、私は責任を取りかねます。

損をするのが絶対に嫌な方がいらっしゃいましたら、今一度、このブログを読むのか、読まないのか

しっかりと「精査」する事をお願い申し上げます。

パンドラの箱

二つ目のデメリット

人生には、知らない方が良い事もあります。
開けない方が幸せでいられる箱もあるのです。

この場合においての「良い事」とは

知らない方が何も考えずに済んだ
自分と向き合わずにいられた
楽して生きられた

という意味です。

「何も考えずに生きる事」

これは非常に楽です。

「考えて生きる事」

これは非常につらいです

物事の本質を見抜き
常に向き合い
常に考え
常に正解を求め生き続ける

それって大変なんですよね。
苦しい戦いなんですよ。

それならば、何も考えない方が「楽」
という考え方です。

私は既に知ってしまったので、そのような生き方はできませんし、できたとしても考えない事を選択しません。

考える先に見える世界を見てしまったので。

これは誇張でも、比喩的表現でも、ましてや宗教的でもないので、
もし詳しく知りたい方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。

言葉遣い、考え方が嫌い

皆様の時間や、パンドラの箱に引き続き、考え得る三つ目のデメリットとしては、

「言葉遣いが嫌い」

私は基本、物事を断定的に話します。

悪く言うと、知ったような口をききます

「考え方が嫌い」

私自身の考え方は100点ではありません。

「万人万色」
一万人いたら、一万通りの考え方があります。

合わない考え方の人がいるのは、ごく自然な事だと思います。

この二点から、読者様が、不快な想いをしてしまう可能性があります

これも一つのデメリットだと思いました。

メリットはないの?

こう思われた読者様は、本当に賢いと思います。

物事は表裏一体

ということがインプットされており、それを生かせている証拠です。

しかしながらメリットに関しては、この記事で敢えて特筆する事を控えさせて頂きます。

それは、私が今まで書いた記事、そしてこれからの記事であなた自身で判断してください。

おわりに

ここまで読んで頂いて本当にありがとうございました。

私にとっては少し残念な事実があります。

それは、読者さんが離れる事です。

文頭から、離れるなどデメリットだの、そんな記事を書いたら、数は分かりませんが離れる読者さんも必ずいます。

しかし、それとは反対に、すごく清々しい気持ちでこの記事を書き終えています。

この記事に費やした時間はおよそ3時間です。
しかし、込めた時間は私の生きてきた年数分です。

自分をアウトプットすることが、どれほど素敵な事か、皆様に教えて頂いたような気さえしています。

応援ポチをお願いします!

にほんブログ村