こんにちは!「スロパチ依存賞」管理人のあっきーです!

今日は、
「楽して収支アップシリーズ」第二弾!!!

スロットで負けにくい立ち回り

について書いていきたいと思います。

今日の記事の内容は、

再プレイ、つまりは会員カードがほぼ必須です。

会員カードの有用性については、こちらの記事で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

〇〇をするだけで、収支が劇的に変わる事実

天井狙いじゃなくてボーダー狙い

-----sponsored link-----

ボーダー狙いとは?

パチンコで言えば、
1000円で〇〇回転まわればボーダー

スロットで言えば
〇〇回転から打てば期待値プラマイ0円

こういった感じです。

パチンコでボーダーの釘をいきなり見つけるのは、少しばかり難易度が高いので、

今回はスロットについて書いていきたいと思います。

どんな台を打つ?

パチプロの皆さんは、絶対に知っている事なのですが、

「スロットは現在回転数で期待値が変わります」

期待値とはなんぞや?と思う方もいらっしゃるとは思いますが
期待値について詳しく書かれているブログは、調べればたくさん出てくると思うので、

オッケーグーグルしてくださいませ。

「スロット 期待値とは」
みたいな感じで検索お願いします。

その道中で、良いブログと巡り合う事を願っています。

では続けていきます。

・スロットの設定は1か2が基本
・スロットにおける設定狙いは最高難易度
・バラエティコーナーは基本的にベタピン

この三点を踏まえてお聞きします。

間違った設定狙いをしていませんか?

私がよく聞くのが、

「高設定っぽいグラフだったから打った」
「バラエティのあの台を打ったけど、絶対高設定だった」

ベタピン据え置きのお店の常連さんが言っていました。

そこのお店はほぼすべて据え置き。
というのは確認済みなので、間違いがありませんね。

このように、間違った設定狙いをしてしまうと、
設定に期待している分、いつもよりお金をいれます。

設定1,2なので負けます。
こうなる事は、火を見るよりも明らかです。

1番のハマり台を当たるまで

本題です。

「ハマり台を打つ!」

負けにくい立ち回りの一つとして、これを提唱します。
一般の天井狙いと少し異なる点は、

勝つようにするのではなく、負けないようにする

そして、好きな台を打てるという事です。

では、当たり前の事を当たり前のように
しっかりと手順を踏んで説明していきます。

1.自分が打ちたい台の島へ行き”一番ハマっている台”を当たるまで打つ
2.正確な辞め時をググってその通りに辞める
3.気が済まなかったら次のハマり台に移って1,2の繰り返し

ほんとにこれだけですね。

できれば、一番ハマっている台を調べて、期待値プラマイ0円ボーダーを超えている台の方がいいですね

そういう台って実はいっぱいあります。

ただ、プロは打ちません。それで生活するには安すぎます。

ちなみに、天井がないAタイプでは、このやり方は通用しませんので悪しからず。

期待値を追い始めたら客ではない

本日の最重要ポイントです。

・期待値を追っている人は目立ちます。
・期待値を追っている人は、基本的には店に利益を生みません。
・期待値プラスのところから打ちまくる人の事を「青田刈り」とも言います。

つまりは、マナー良くしましょう、という事です。

負けないお客さんって、基本的に店には必要ないんです。
お客さんみんなが負けない立ち回りを始めたら、利益でませんからね。

だけどあなた一人が、好きな台の期待値プラスのところから打っても、店の損失というのは極めてわずかなものです。

ただし、マナーが悪かったり、台パン、掛け持ち、ペナ辞めなどをするならば話は別です。

店だけではなく、他のお客さんの迷惑でしかないです。
完全にデメリットだけの存在は排除されます

まとめ

あくまでも、勝てる立ち回りではない事をご理解ください。
今までより負けづらくなる立ち回りです

もしも結果が出てきて「月々5万円勝てるようになった」

という人がいらっしゃいましても

「パチスロで食ってこう」
などと安易に考えるのはやめましょう。

今の状況で、一朝一夕の知識や経験では、色々とハードルが高すぎます。

そのようなお考えを抱いてしまった方は、私がこの記事を書いた責任として
けちょんけちょんにして差し上げますのでご連絡ください。

本日も、皆様の貴重な時間を使っていただき本当にありがとうございました。

それでは失礼します。

応援ポチおねがいします!

にほんブログ村