こんにちは、からあげの申し子(?)こと、あっきーです。

ここ数日、ツイッターを騒がせた一連のバイトテロについて、私の意見をコラム風に書こうと思います。

【バイトテロ一覧】

・くら寿司の「魚をゴミ箱へポイ捨て事件」
・すき屋の「おたま股間事件」
・ビッグエコーの「唐揚げ床擦り付け事件」

他はあまり知らないので、主にくら寿司について書く事にします。
(くら寿司が公式HPで「刑事、民事での法的処置の準備に入った」と発表していたので、”罪”や”犯行”といった言葉を使用します。)

--sponsored link--

一連のバイトテロについて

少年たちは救いようのない極悪人なのか?

バイトテロのほとんどは、10代の少年たちによる犯行だ。
しかしどうだろう。この少年たちは、人の気持ちを全く理解できない、倫理観のかけらもない人物なのだろうか?

仲間と楽しそうに騒いでいる様子からして、少なくとも私よりは共感性や社会性に富んでいると想像する。

しかしながら、楽しそうに犯行を撮影している様子を観ると、脳みそがチンパンジーになっているとしか言いようがない。

ではなぜ、あのような愚行に至ったのかについて考えてみよう。

【脳みそチンパンジーになった原因】

・善悪の判断ができていない
・想像力が欠けている
・気持ちが大きくなっている

”年齢”というものはさほど重要じゃないが、物事を推し量るツールとしては優秀。というのが個人的な意見だ。

そして、彼らは若い。ここで言う”彼ら”とは、脳みそチンパンジー達だ。
知り合いじゃないので一概には言えないが、そもそもやって良い事と悪い事、またその行動によってどのような結果が訪れるか。という事を理解できていないのではないかと思う。

善悪の判断について、少し解説しよう。

例えば、3歳児が万引きしたとする。
もちろん3歳児は人に迷惑をかけるつもりもなく、欲しいおもちゃを手にいれたかっただけだ。そこに善悪はない。

だが、大人の目線で言うと、物事は全く別の形に見える。

【子ども目線】

・おもちゃが欲しい

【大人目線】

・窃盗は犯罪
・小売店に損害を与える
・バレて捕まったら家族に迷惑がかかる

これほどまでに違いがある。
そして、「窃盗は犯罪」という理解度にも個人差がある。

窃盗をしたら、どのような罪になって、どのような刑罰を与えられるのか、また、家族にはどのような迷惑をかけるのかというように、理解度には個人差がある。

これで、年齢や人生経験による知識量と想像力によって、善悪の区別がつかないケースがある。という事になる。
恐らく、バイトテロをした彼らは、「悪い事とは知っているけど、詳しくは知らない」という感じだろう。

もちろん、だからと言って何でもして良いわけではない。私も立場としては”罪は罪サイド”だ。(しかし、偏った正義感では、物事を見誤ってしまう可能性がある事もまた事実)

実際に、私も一連の悪行が法律的にどれほど悪い事なのかは知らない。
同じようなバイトテロで、送致(書類送検)された事例などを知っているだけだ。その後の起訴内容なども知らない。

年齢的にも、違法行為を行った彼らは、大人と子どもの境目にいるのではないかと感じた。そして、罪の意識は少ない。
悪い事だと知っているけど、ノリでやっちゃった。というのが近いのではないかと想像する。

3歳児は、おもちゃを万引きした結果、怒られて反省したら、再犯の可能性は下がる。
しかし、世の中には罪を罪と知った上で、罪の意識を抱かない者もいる。両者を一緒くたにするのは、誰かの未来における可能性を周りが奪う事にもなりかねない。

そこの判断をしないまま、プライバシーを侵害して住所特定等を行い、また拡散するのはいかがなものだろうか?

悪人のマウントをとってヒーローを演じたい気持ちも分かるが、彼ら同様、我々も想像力を働かせなければならないと感じた。見せしめを実行するのも、断罪するのも、特定や拡散をしたあなたの役割ではない。

ワンオペじゃしないはず。普段はいい子ちゃん説。

--sponsored link--

続いて、彼らはワンオペ、詳しく言うと”自分一人では”愚行を働いていないと思う。
先ほど書いた、「ノリでやっちゃった」という部分は、今回の事件を理解するにあたって、非常に重要だ。

私が思うに、罪を働いた事によってプライバシーを侵害されている彼ら全員が、直接的な罪を犯す極悪人確定というわけじゃないのでは?と考えている。

今回の騒動は話題性もあり大きく取り上げられているが、罪の重い行いをしている人は他にも毎日のようにいる。暴行、性犯罪、強盗などなど。

犯罪にも種類があって、”間接的に”詐欺に加担することや、
暴力のように、”直接的に”相手に危害を加える行為がある。

今回の場合は、間接的に人に迷惑をかける行為なので、”人を自分の拳で殴ること”よりかは罪の意識が低い可能性がある。しかし、社会では「罪は罪」という認識だ。

もちろん、彼らをかばうわけではなく、我々もいろんな目線で物事を見なければいけないという意味で、この話をしている。

笑顔で罪を犯す彼らには、罪の意識はさほどなかったのではないだろうか。
しかし、先ほど言ったように、一人ではこんな事をしない。逆に言うと、集団ではやる。

この矛盾の正体は一体何なのだろうか?

状況や環境により生み出される矛盾

--sponsored link--


多角的な想像力がなくてやる。
善悪が判断できなくてやる。
その場の空気に流されてやる。
テンションが上がりすぎてやる。
引くに引けなくなってやる。
つまらないやつと思われたくなくてやる。
共犯者がいる事でやる。

これらが正体だろう。
あの事件は、本人の知識や想像力、その場の状況や環境によって引き起こった部分も、全くないとは言えないだろう。

この矛盾に関しては、カフェのお客を例にしても言える。
普段はおとなしくコーヒーを飲んでいる人がいるとしよう。その人は、大声で話す他の客のことをよく思っていない。自分は静かに読書をしたいからだ。

他人に迷惑をかけず、静かにする事こそが自分の正義だとも考えている。

しかしどうだろう。
その人は親しい友人とカフェに行った時、自覚なしに大声で話していたことに気づく。友人の大声を注意することも、もちろんなかった。

こんな感じで、環境によって人の善悪など変わってしまう。
バイトテロを起こした彼らは、”面白い事をするのが正義”で、”つまらない良い子ちゃんが悪”というふうに錯覚してしまっていただけかもしれない。もちろん、カフェの例とは異なり、彼らが行ったのは、犯罪行為もしくは不法行為であるが、参考にはなると思う。

責任の所在

--sponsored link--

話は戻るが、恐らく”くら寿司”の店長もかなり怒られるだろう。

なぜなら、店長の”監督不行き届き”になるからだ。
会社における、バイトの責任のほとんどは、上司である店長の責任になる。その店長を教育していたエリアマネージャーの評価も下がるかもしれない。

”誰が一番悪いのか?”

そう考えた時に、当事者である少年たちの名前が一番にあがるだろう。だからこそ彼らは法律によって裁かれる。

しかし、その裏では、店長やエリアマネージャーが怒られる。
問題を起こした少年の保護者も、教育責任を問われる。

100%中99%は少年達が悪いのかもしれないが、残りの1%は誰に起因しているのだろう?
たかが1%だが、我々が唯一関与できる大きな1%だと思うと、当事者意識を抱く人間もいるはずだ。

余談かもしれないが、神経伝達物質のアドレナリンやドーパミンが大きく影響している可能性も考えられる。
それらの物質が脳内で分泌されることによって、ある種の”酒気帯び”に似た状態になるということだ。

つまり、仲間と騒いでいるうちに、脳内では様々な物質の分泌が行われ、判断能力が低下してしまった可能性もあるだろう。

このように、様々な可能性を想像し考える事は、ゆくゆくは犯罪防止につながる建設的な事であると考えている。

何度も言うが、彼らチンパンジーをかばうわけではなく、個人情報を流出させて大炎上に油を注ぐ人たちに対する注意喚起としての意味合いが強い。

仮にだが、身元を流出させられた本人やその関係者が、ストレスにより自殺した場合に、拡散という油を注いだ皆さんの罪の意識が触発されないよう、想像力を持って行動すべきだろう。

特定が進まなければ断罪もなかった可能性を考えると、少し胸がざわつく部分もある。特定に関しても、単純にすごい能力だと思わざるを得ない。

しかしながら、特定した人は、それを当該の本社や警察に届けるという選択肢もあったのである。それを選ばずネット上に流出させた行動原理を想像してみたが、納得できるものは一つもなかった。

また、RTによる拡散についても特筆しておこう。

【脳みそチンパンジーになった原因】

・善悪の判断ができていない
・想像力が欠けている
・気持ちが大きくなっている

こういった話題は、ぜひ広まって欲しいとは思う。
しかしながら、広まって欲しいのは犯罪の悪質性であって、関係者の個人情報ではない。

動画がシェアされる事によって、模倣犯が増える事も一度想像してほしい。

ネット上で人の住所や名前等を拡散するのは、”善悪の判断がつかず、想像力が欠けていて、気持ちが大きくなっている”可能性があるので、注意を促す次第である。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村