こんにちは、あっきーです。

自慢ではないですが。私は、、

徹夜をするのが超得意です!

今日は、そのコツをいくつかお伝えしたいと思います。

徹夜は本当にやめた方がいい

徹夜ってほんとに身体に悪いんですよね。

大体の人が一日16時間程度しか行動できませんが、徹夜をする事によって、それが1.5倍の24時間も行動できるようになります。

しかし、身体に与えるダメージや、それに伴う副作用ともいえる弊害、デメリットは非常に多いです。

お得意の箇条書きで説明させて頂くと・・

・思考力・判断能力の低下
・肌荒れ
・身体の免疫力が低下する

これだけでも十分じゃないかと思います。

感覚としては、自分のステータスが全体的に低下してしまうイメージですよね。

週に1、2回徹夜している私が言うので説得力があると思いますが、

「徹夜は本当にオススメしません」

分かります。
皆様の言いたいことは非常に分かります。

それでも徹夜しなくてはならない時があるんですよね。

今日はそんな方々の為に記事を書きました。

では、コツをいくつか挙げていきます。
巷に溢れているようなものは箇条書きでいきます。

徹夜する時のコツ

・レッドブルや打破シリーズを買っておく
・量と質では、量を選ぶ
・前日に睡眠をしっかりとっておく

これらを前もって準備する事ですね。

レッドブルや眠眠打破、強強打破を買っておく。
ちなみにカフェインは効き始めるのに15分くらいかかるらしいので、眠くなってからよりかは、眠くなる前に飲むと効果が大きいです。

次に量と質では、”量を選ぶ”という事についてですが、
徹夜中にハイクオリティな作業をするのは難易度が高いので、できれば”数こなす系”の作業をした方がいいと思います(眠くなりますが

前日に睡眠をしっかりとっておく事は言わずもがなだと思います。

あとは「知り合いを勧誘する」なども効果的でしょう。

では私のとっておきを紹介いたします。

徹夜する日の朝から覚悟を決めておく

はいでました!

徹夜する日の朝から覚悟を決めておく!

これはどういう事かというと、読んで字の如くです。

「よし、今日は徹夜するぞ!」と決めておくんです。笑

では、そのメリットを説明していきます。

前もって決めるメリット

まず一つに、”納得できること”です。

徹夜って忍耐力勝負なんですよね。
我慢や集中が切れて、妥協してベッドに入ってしまったらもう終わりです。

例えば、

・「徹夜するつもりは無かったけど、作業が終わらず仕方なく徹夜することになった」
・「最初から徹夜をするつもりで臨んだ」

この二つの考え方ならば、後者の方が圧倒的にモチベーションが上がります。

途中から寝る時間がなさそうな事に気づくのと、最初から寝るつもりがないのとでは、気持ちに大きな差がつきます。

だから私は、「寝れたらラッキー」くらいに考えています。

そして二つ目のメリット。

”その日を省エネで過ごせる”

これは本当に大きいです。

やっぱり、一日起きてたら体力をかなり使うんですよね。

仮にですが、毎日16時間で体力を100%使いきるとしたら、大体一時間あたり”約6%ずつ”使う計算ですよね。
最初から24時間起きておくと決めていたら、一時間あたりの使用体力を”約4%”に節約したらいいんです。

いつもより少しだけ力を抜いて生活するんです。

スロットで言うと、1時間に850G回さずに820Gに抑えるなど、いつもは休憩を取らないが夜の為に昼休憩をはさむなどなどです。

まとめ

こういう風に色々と決めてから徹夜に臨んだりしています。

ちなみに、この記事を書いている今も徹夜予定で書いています。笑
本日作成したのはこれで4記事目なんですよね。笑

そして朝からフル稼働予定です。

一応、徹夜予定で省エネしつつ過ごしましたが

「眠いものは眠い」

本日の内容は以上です。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!

省エネを真似しようと思った方はポチっとお願いします!

にほんブログ村