こんにちは、あっきーです!

前回の記事の続きです。

簡潔に言うと、

”ヤ☆ザの座りたい台に座ったら、その次のイベント日に「こ〇すぞ」と言われました”

私ならよかったのですが、代打ちさんが言われました。

もちろん、彼の存在自体をひた隠しにしていたので、代打ちさんの事をヤ☆ザは”ピンプロ”だと思って声をかけています。

ルール上でどうにもできないから、力で脅すという卑劣な手を使ってきたんです。

もちろん私はその挑発に乗ったりしません。
しかし、代打ちさんを脅された事により、さすがに腹がたちました。

ちなみに前回の記事はこちらです
[もめ事]代打ちさんがヤ〇ザに「こ〇すぞ」と脅されたお話

-----sponsored link-----

私以上に冷静だった人物

今回の件で、私以上に冷静だった人物がいます。

それは、私の代打ちさんです。

彼はLINEで私に報告してきました。

「〇〇にこうこうこんな感じで言われました」

それに対し、私は細かく質問をし、そこで初めて状況を理解しました。

代打ちではなく、普通の客としてならば、店員さんにその事を報告して対応してもらうのが正解なのですが、正直それは彼の仕事の範疇ではありません。

なので、もちろん私が対応する事にしました。

一応、代打ちさんにどうしたいか聞きます。

すると彼は「僕は気にしていないですよ」と、私を気遣う発言をしてくれました。

それを聞いた私は、心に青い炎を宿します。

念のため、代打ちさんには「状況、時間、相手の特徴等」の詳細をケータイのメモ帳に書いてスクショしてもらいます。

実際どうするか?

「私の代打ちがあの人に脅された」

そう店員さんに話せばいいのでしょうか?
そんなはずありません。

店側は黙認していますが、特定の人物が資金提供して台を打たせている事を申告されたら、お店側も対応しなければなりません。

だから、私と代打ちさんの間柄を隠した上で、脅された事実を報告する事にしました。

ちょっと回りくどいやり方をしたのですが、念のため私も一度絡まれにいきます。

絡まれに行ったと言っても、ヤ☆ザがいる島を通っただけなのですが。笑

すると、私がその島に入った瞬間から出ていくまで、私の事をずーーっとにらみつけてきました。

それもそのはず、先ほど代打ちさんに文句を言った直後だったので、ヤ☆ザの心もいつもより大きくなっています。

という事で、睨まれたという事実を伝えに店員さんの元へいきました。

白服の店員さんに報告

前の記事で書いたのですが、報告する時は絶対にバイトの方ではなく役職の方に話します。

バイトの方に言っても、それを上に報告する手間もかかるし、ちゃんと伝わらない可能性もあります。

という事で、白服の方に報告します。

では、こちらが一連の流れです

あ「お忙しいところ申し訳ありません、今お時間は大丈夫でしょうか?」

店「大丈夫ですよ!どうしました?」

あ「さっき、島に入っただけであの人に睨まれたんですよ。多分カメラで確認すればすぐ分かると思います」
あ「二度目の報告なのですが、ご存知でしょうか?」

店「ああ、知っています。またそんな事したんですね・・」

あ「そうです。私はもめ事にする気はないのですが、さすがに毎回睨まれるとこちらもお店に来づらいので報告させてもらいました」

店「分かりました。すぐに確認致します」

あ「それともう一つ、私の”知り合い”も先ほど、”こ〇す”と脅されたらしいです。それはLINEで聞きました
あ「カメラで確認できると思います。話している内容は先ほど言ったように”こ〇すぞ”と言われたそうです」

店「そんな事言ったんですね?!」

あ「このように一般のお客さんにも迷惑をかけているようなので、お忙しいとは思いましたが。報告させて頂きました。対応よろしくお願いします」

店員さんにはこのようにお話しました。

そして数日後、お話を聞いて頂いた白服の方に、どのような対応をしたのかを尋ねます。

普通なら出入り禁止にしますよね?そう、普通ならね・・

つづく。

応援ポチお願いします!

にほんブログ村