こんにちは、あっきーです。

最近は稼働が大忙しでしたが、それも少し落ち着きました。

3日間ほどはパチンコ屋へ行かなくて済みそうです。

根本的に、そもそも私はスロットを打つ事が苦手というか、好きではないです。

何年か前はパチンコに依存していたので、当時は打ちたくてたまりませんでしたが、今はもうそのような気持ちになることはないです。

根本から変わってしまったので、恐らくこの先もそうなることはないでしょう。
精神的に脱依存できたのは、稼げるようになったおかげなので、その点は非常に感謝しています。

今は生活するためにパチンコ屋に行っています。
ハマっていた頃は、パチンコ屋に行く為に生活していました。笑

どのようにすればパチンコ屋に長い時間いられるか
どのようにすればパチンコやスロットに充てられるお金を確保できるのか
そればかり考えていました。

youtubeなどで動画を観たり、激熱の画像を見たりして喜んでいました。

あの頃は、理性が崩壊しかけていたと思います。

ちなみに私の立ち回りは、超低級スロッターでした。

今でこそまともに立ち回れるようになったのですが、当時はオカルトまみれで負ける要素しかない打ち方でした。
勝ち方が分かった今の自分が、現実的に考え得る範囲で、一番負けやすい立ち回りをしていました。

しかし、その経験があるからこそ、このブログを通して皆さんに伝えられる事もあると思っています。

当ブログでは、心理学やギャンブル、それを細分化して色々な考え方を取り扱っております。

特に、”楽して収支アップ”というカテゴリーでは、私が思う負けづらい立ち回りを書いています。

もしも、5万負けを4万に、4万負けを3万に、1万負けをトントンにしたい方がいらっしゃいましたら、一読の価値ありです。

私はそのためにわざわざリンクを貼る事はしません。

もしご覧になりたい方がいらっしゃいましたら、カテゴリーから”楽して収支アップ”を選択し、そこから記事を選んでください。

リンクを貼らない理由ですが、恐らくそれらは自分で掴み取るものだからです。
ただなんとなく”リンクから飛ばされる”のではなく、自分でその記事を探して、ご自身の意思で読む構図が好ましいと思うからです。

読んでみたら意外と大した内容ではないと思う方もいるかもしれませんが、必要としている人には、とても必要な情報だったりします。
それに、当たり前の事を他人が言ってくれる事で、自分の中でそれが強化され、納得の度合いが変わってきたりもします。

では、続いてここから本題に入りたいと思います。

まずはじめに、この記事は小難しくて長いです。
しかし、良い発見ができる可能性がある記事です。

ある程度の覚悟をもって読んで頂ければ、皆様の頭に入りやすいと思いますので、予めご了承ください。

本日は、どのようなお話を書こうかと考えました。

そこで考えついたのが、私が最近少し苦しんだ事について書いていきたいと思います。

今回の話のまとめ

先に結論というかまとめをお話しておきたいと思います。

パチンコ屋に通い続けたら、色々と面倒くさくなりました。
モチベーションが下がってしまったんです。

その事実に私は疑問を覚えました。

なぜなら私は、必死にスロットを打っていたんです。
普段よりも頑張っている、つまりはギアを上げている状態にも関わらず、いきなりギアが下がってしまいました。

それも、”気づかぬうちにギアが下がっていた事”に大変驚きました。

結果的にはお金を稼げたけれど、大事なものを失ってしまう危険性と、それに気づけない恐怖についてお話していきたいと思います。

一週間ほぼ毎日パチンコ屋で稼働しました

今月の半ばに差し掛かる一週間ほど前の頃、とあるお店の”還元シーズン”がいきなりやってきました。

なぜこの時期?そうおもいました。

結果、ただのテコ入れに色々な事情が重なったおかげだったんだと思います。

還元シーズンだったので、行けば高設定が打てる・・
全て朝一からとは言いませんが、後ヅモにも十分に期待できる状況でした。

以前事情をお話した通り、私は今少しばかりのキャッシュが必要な状況なので、当然通う事になります。

1週間のうち6日間をフル稼働しました

休んだ1日の理由は、様子見兼休息兼滞った事の整理でした。

ではまずは、得られた物について書いていきたいと思います

6日間で得られた物

最初の5日間は高設定を毎日打てました。
1日はガセる事に気づけずに敗退しました。

毎日設定6を朝から打てたわけではないので、稼いだ期待値はたかがしれています。
平均すると、日当分を毎日稼げた程度だと思います。

好状況を思い返してみると、この程度の期待値か。などと生意気な事を思ってしまうくらいです。

6日間フル稼働して、稼げた期待値は日当分だけ。

私の実力不足のせいもありますが、得られた物はこれだけです。
仮に、2倍程度稼げたとしても、失ったもの達を考えると少し安く感じてしまうかもしれません。

では、失ってしまったもの達について書いていきたいと思います。

6日間で失ったもの

少し分かりやすいように、箇条書きを用いて説明させていただきます。

・時間
・モチベーション

以上です。

たったそれだけ?と思った方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

しかしながら、この二つは、生きていく上で極めて重要な二つだと思いませんか?

まず1つ目、時間を失いました。

スロットを打っている時間、パチンコ屋に行く往復の時間、そしてデータと向き合う時間。

過ぎてしまった時間の総数は少なくないです。
しかし時給換算してみると、悪くはない数字なので、ここまでは私の中で”時間とお金の等価交換”で納得できます。

では、さきほど箇条書きにおける殿(しんがり)を務めてくれた、

”モチベーション”という代償について説明致します。

-----sponsored link-----

パチンコ屋で感じた異変

精一杯、稼働をしていました。

しかし、ふと思ったんです。

あれ、、めんどくさい・・

どうしたんだろう、疲れ果てたのかな?そう思いました。

しかし、あるものが消えかけている事に気づきました。それは・・

よし、やるぞ!という気持ち、つまりは”モチベーション”です

モチベーションが低下しても、やる事はある程度やります。
だからこそ気づかなかったんですよね、モチベーションが低下してしまった事に。

私が途中からしていたのは、やる気をもってデータを取り、朝起きて稼働するという事ではなく・・

”ただ朝起きてパチンコ屋に行っただけだったんです”

普段なら、ある程度の熱意をもって臨むのですが、私がしていたのは”ただの作業”でした。

この違いを分かって頂けるでしょうか?

私が思う大きな大きな違いはというと、モチベーションが高いときは・・

”より良くあろうとするんです”

それもそのはず、より良くあるための意欲が湧く動機づけがされており、自分が納得している状態だからです。

インプットとアウトプットの質

では具体的にどういった違いが生じてくるかというと、

インプットとアウトプットの質です

インプットは、データ取りや状況判断などです。
私が日当分しか稼げなかったのも、モチベーション低下から成るものだったのかもしれません。

それだけではありません。
稼働中にスマホを使って仕入れる知識量もいつもより甚だ少なかったです。

では続いて、アウトプット関連で下がったものは

より良く自分を表現しよう!という意欲、意識です。

アウトプットに対する意欲や意識が低いという事は、
必然的にアウトプットの質が下がります。

更には、良質なインプットが出来ていないという事は、
良質なアウトプットも再現しづらいという事です。

モチベーションが下がる
→より良くありたい気持ちが薄れる
→→良質なアウトプット(パフォーマンス)をしたいという気持ちが薄れる
→→→アウトプットの意識が下がる事により、インプットの質が落ちる
→→→→結果、パフォーマンスが下がってしまった

このように、”より良くありたい”という気持ちが薄れてしまう”負のスパイラル”に陥っていました。

気付かないうちにズブズブと・・

今回、非常に怖いと思ったのは、

気付かないうちにモチベーションが下がっていた事です

「ああ、面倒くさいからサボるか!!」

という風に、自分の意思で何もしない事を選んだ場合、モチベーションが下がっていくことは分かりますね?

逆に、頑張り続けたら、モチベーションは下がりづらい事も分かって頂けると思います。
(一回サボるとさぼり癖がつきやすい原理です)

しかし、今回の私の場合は、サボっていたわけではありません。
むしろ普段よりも睡眠時間を削って”頑張っていた”つもりでした。

考えてみれば当然の結果だった?

少し冷静に考えてみれば、当然の結果だったのかもしれません。

というのも、お金を稼ぐという事は、外発的動機づけの割合がほぼ100%です。

外発的動機づけは、いわゆるモチベーションが下がりやすいです。

外発的動機づけを、”自律性の高い外発的動機づけ”に昇格させてあげれば、モチベーションは下がりづらいのですが、そうするためには覚悟や納得が必要になってきます。

今回の場合は、なぜ覚悟が足りなかったのかを考えると、一応の原因は見つかりました。

・スロット自体が好きではないこと
いきなり店舗の状況が良くなって、心の準備が足りなかったこと

特に、急に稼働をするようになり、いつまでこの状況が続くか分からないという状態がある種のストレスだったんだと思います。

それもそのはず、美味しいホールだという事が当日に分かったのですから。

つまりホールの良い状況に、ちょっと流されてしまったんですよね。

ちなみにモチベーション(動機付け)に関する記事はこちらです。
モチベーションについて日本一詳しく書きました。

今回を教訓にして年末を乗り切ろう

私は脱依存しようと、以前よりも稼働時間を落としたのに、急なホール状況の変化に流されてガッツリ稼働してしまいました。

そして、気づけばモチベーションが下がってしまった。

今回の場合は、稼働したのが悪かったのではなく、準備や覚悟が足りなかったのが原因でした。

今の私は、”より良くありたい”と思っているので、今回の流れを教訓とし、次に活かしたいと思っています。

近いところでいくと年末の還元シーズン。
この時期には普段よりも稼働量が増える事でしょう。

それをある程度予測し、今のうちから準備と覚悟をしておきたいと思います。

まとめ

今回、一番伝えたかったことをお話して締めたいと思います。

要するに、”流されてはいけない”という事です。

普段から、流されないように色々と意識して生活しているのですが、それでも気づけばモチベーションが下がってしまっていました。

今回気づけたのは、自分が感じた異変のおかげでした。
それを掘り下げていく事により、自分が何を求めているのかが見えてきました。

今回、私が求めていた事は、

”休息と心の充実”でした

これは人それぞれに求めるものは違うと思うので、あえて特筆する事はしませんが、誰にでも起こりうる事態だとは思います。

何か目標がある専業の方、兼業の方、私と同じ過ちを犯さないように意識して頂ければ、この記事を書いた甲斐があります。

自分が流されている合図や違和感を、くれぐれも見逃さないように気を付けましょう。

以上!最後までお付き合い頂きありがとうございました。

なるほど!と思った方はポチっとお願いします

にほんブログ村